「イスカンダルマレーシア」とはマレーシアのジョホール州南部で現在行われている
大規模な都市開発計画のことです。

このイスカンダル計画では、5つの重点地区を中心に現在開発が進行しています。
この5つの開発地区は[5 FlagShips Zone]と呼ばれており

・A地区 Johor Baru Centre (ジョホールバル市内)
・B地区 Nusajaya(ヌサジャヤ)
・C地区 Western Gate(ウエスタンゲート)
・D地区 Eastern Gate(イースタンゲート)
・E地区 Senai-Sukudai(スナイ・スクダイ)

以上の5つのエリアに区分されます。

イスカンダルが非常に多くの投資家から注目される理由として
華僑マネー、イスラムマネーがとても流入しやすい環境があるということはもちろんですが、

一番注目すべき点は
シンガポールの中心地から車で約30分という抜群の立地条件です。

現在、シンガポールは異常に地価が高騰し、
中間所得世帯層のマンション購入が年々難しくなっています。

また外国人の富裕層にとっても
シンガポール不動産はあまりに高値になりすぎたことから
投資家離れが起こっているのです。

しかしながら、
マレーシアではシンガポールと同程度のクオリティの高級マンションが現在シンガポールの物件価格おn4分の1から半額以下の値段で購入可能な為、

シンガポールと目と鼻の先にあるイスカンダル地区の開発物件に
今現在、シンガポール人と外国人投資家達が殺到しているのです。

彼らは将来この地がシンガポールの郊外都市となり、多くのシンガポール人が移り住むと見越して
今から開発物件を抑えておき、2、3年後の建設完了時に価格が値上がった瞬間に売却し
キャピタルゲインを得ようと狙っているのです。

市場予測によると、
イスカンダル地区はなんと5年間で20%~40%の不動産価格上昇が起こるとも言われています。

さて、今回のツアーレポートでは
写真の地図にもある
シンガポールとマレーシアを結ぶ新しい陸橋、「セカンドリンク」から現地に入国し、

今イスカンダルで一体どんな不動産物件?が実際に売買され、

更に、

このイスカンダルが
5年~10年後に一体どんな大都市に生まれ変わっていくのか?を

現地からの貴重な生レポートを交えてお届けします。

どうぞお楽しみに!

そして最後にもう一つ…

あなたの情熱でやりたいことを形にする
オンラインビジネスの教科書を無料でプレゼント!

15年以上に渡って全世界で累計1000億円以上を売上げて

その効果が証明されてきた

「プロダクトローンチフォーミュラ」の基本を解説した教科書を

日本市場向けにカスタマズして

「ローンチガイドブック」という72ページの電子書籍にまとめました。

このオンラインビジネス教科書を

期間限定で無料でプレゼントします

こちらをE-BOOKダウンロードするには 以下のリンクをクリックしてください

無料:「ローンチガイドブック」PDF72ページダウンロード