マレーシア銀行口座開設

マレーシアで銀行口座を開設するには原則としてMM2Hや労働ビザ、学生ビザなどの長期ビザを持っている必要があります。従って、観光ビザでマレーシアに入国してその場でいきなり銀行口座を開くことはできません。

しかしながら例外として不動産物件購入をする為に住宅ローンを組む場合は、口座の開設が可能です。
但し、ご本人がマレーシアに来ることは必須条件となります。

不動産購入時の住宅ローンの申請の際に銀行口座の同時開設は義務づけれてはいないので、銀行口座が無い状態でもローンの申請をすることは可能です。

但し、後々はローンの支払いや不動産購入にかかる弁護士費用などの支払いが発生してくるので、現地に自分の銀行口座が無いと毎回日本から送金作業を行わないといけなくなります。

従って、マレーシア現地で不動産購入のローン申請を行う際に銀行口座の開設も同時に行った方がよいでしょう。

銀行の種類ですが、マレーシア不動産投資家の間で最もポピュラーな銀行はHSBC銀行のプレミア口座です。

なぜHSBCプレミアなのかというのはここで口座を持つことに様々なメリットがあるからです。

(HSBCプレミアのメリットについてはコチラ

HSBC以外の銀行では、シンガポール銀行系大手のUOBやOCBCのマレーシア国内支店、マレーシアの国内銀行MayBank(メイバンク)やCIMB、又はロンドンに拠点を置くグローバル銀行金融ネットワークのStandard Chartered(スタンダードチャータード銀行)のマレーシア支店などもあります。

また補足になりますが、マレーシアの銀行は預金金利が高いです。銀行にもよりますが、普通預金で1%、1年間の定期預金で平均3.2%の預金金利が付きます。ゼロ金利が長く続いている日本と比べるとこういった部分はメリットでしょう。

 

■マレーシア現地での口座開設についてもっと詳しく詳細を知りたい方は以下より個別に問い合わせください。

[contact-form][contact-field label=’名前’ type=’name’ required=’1’/][contact-field label=’メールアドレス’ type=’email’ required=’1’/][contact-field label=’コメント’ type=’textarea’ required=’1’/][/contact-form]

そして最後にもう一つ…

あなたの情熱でやりたいことを形にする
オンラインビジネスの教科書を無料でプレゼント!

15年以上に渡って全世界で累計1000億円以上を売上げて

その効果が証明されてきた

「プロダクトローンチフォーミュラ」の基本を解説した教科書を

日本市場向けにカスタマズして

「ローンチガイドブック」という72ページの電子書籍にまとめました。

このオンラインビジネス教科書を

期間限定で無料でプレゼントします

こちらをE-BOOKダウンロードするには 以下のリンクをクリックしてください

無料:「ローンチガイドブック」PDF72ページダウンロード