イスラム金融 イスラム金融とは、
イスラムの教えに沿って展開される金融のこと。
イスラムの教え(シャーリア)に基づき「金利」という概念が許されていない為、利子を取らない方法で様々な金融サービスが提供されている。
このことから「無利子銀行」「無利子金融」とも言われている。
又、シャーリアではギャンブルが禁止されている為、
先物取引のような不確実性の大きな金融商品を扱うことも、原則として認められていない





主なイスラム金融取引の内容

ムラバハ

売買契約(転売契約)。イスラム金融取引の7割程度を占めるとも言われる一般的な仕組み。銀行が媒介となり、商品の買い手と売り手の間に入り、商品購入を行う。この際、銀行は「手数料」を上乗せすることで、利子ではなく売却益としての利益を受ける。


ムダラバ

パートナーシップ契約。イスラム金融の基本となる契約形態。出資者から集めた資金を事業家が投資・運用することで利潤を上げ、その見返りである配当が利益となる。


イジャラ

賃貸借契約。一般の金融でいうリースとほぼ同じ取引で、使用料(リース料)の受取総額から製造者・販売者への支払総額を差し引いた部分、つまり手数料(コミッション)が利益となる。


ムシャラカ

共同出資のスキーム。合併プロジェクトなどに出資し、その配当が利益となる。


イスティスナ

銀行が先払いし、製品やプロジェクトなどの出資を行う。イスティスナ配当や売買価格の差額などが利益となる

そして最後にもう一つ…

無料:売上が来月3倍アップする プロダクトローンチオンライン講座(PR)

実践1週間後に100万円突破者も出た

スマホ一つで簡単にできる秘密の集客&セールス手法公開中

この衝撃のノウハウをあなたも手に入れてください。↓

無料:プロダクトローンチ講座の受講はこちら

(FBメッセンジャーに無料登録されます)