パーム油とはアブラヤシの果実から得られる植物油のこと。
通常ギニアアブラヤシ(学名 Elaeis guineensis)から得られる。
石鹸や洗剤の原材料となる他、
マーガリン、チョコレート、アイスクリームの油脂から、ポテトチップスやインスタントラーメンを揚げるための油まで、
さまざまな用途でパームオイルが利用されている。

食用油とするほか、マーガリン、ショートニング、石鹸の原料として利用される。近年では、バイオディーゼル燃料としての利用も進められている。2009年現在、世界で最も生産されている植物油である

日本のパームオイル大手である不二製油株式会社のホームページによると、
日本で利用されるパームオイルの90%が食品に使われているとのこと。
また同ホームページによれば、日本で2番目に多く使われているのがパームオイル(1番目は菜種油)である。

マレーシアのパーム油生産量は全世界の37%を占め、1位のインドネシアと合わせると
この2か国で全世界パーム油生産量の9割を占める。

アブラヤシはプランテーションという大規模な植林農園で生産され、
マレーシア最大の民間上場企業Sime Darby (サイム・ダービー社)は世界最大のパームオイル生産会社として知られる。

近年では、パーム油はバイオディーゼル燃料としての利用も進められている。

そして最後にもう一つ…

無料:売上が来月3倍アップする プロダクトローンチオンライン講座(PR)

実践1週間後に100万円突破者も出た

スマホ一つで簡単にできる秘密の集客&セールス手法公開中

この衝撃のノウハウをあなたも手に入れてください。↓

無料:プロダクトローンチ講座の受講はこちら

(FBメッセンジャーに無料登録されます)