数年前から日本のIT業界内で「IPアドレスの枯渇」が秘かに問題提起されています。

そもそも「IPアドレスの枯渇」とは何なのか?

IPアドレスというのは分かり易く言うと「インターネット上の住所」です。
例えばすべてのインターネットのHPにはドメインと同時にIPアドレスが割り振られています。

今これを読んでいるあなたのパソコンやスマホにもIPアドレスが割り当てられており、 このホームページにも当然IPアドレスが割り当てられています。
そのおかげで私はあなたにこの情報を届けることができ、あなたはこの情報を読むことができるます。

つまり、IPアドレスという「点」と「点」を結んでいる「線」がインターネット情報網ということになります。従って、この「点」が無ければ、あなたも私もインターネットの世界に繋がることはできません。

ちょっと専門的な話になりますが、現在、IPアドレスには

「IPv4アドレス」と 「IPv6アドレス」という2種類が存在しており、現在、私達がWEBやメールなど主要な情報の伝達共有に使っているIPは「IPv4アドレス」と呼ばれるものです。

そして、ここからが重要なのですが、このIPアドレスは自由に無限に作り続けることができるわけではありません。石油や石炭などの天然資源のように実はその数には限りがあります。

実を言うと、今世界中で残りのIPアドレスの在庫が少なくってきているのです。

下のグラフを見てもらえるとわかりますが、2012年の段階でIPv4アドレスは世界的に少なっており、2年後の2015年には全世界で在庫が完全にゼロになってしまうことが予測されています。

そして悪いことに、今日本では国内で割り得て可能なJPNIC管理下のIPv4アドレスの在庫は既にゼロになっています。

つまり、日本国内ではもう新しいIPアドレスを取得することは不可能です。
日本で手に入るのは一度どこかで使われた中古のIPアドレスだけということになります。

この「IPアドレス枯渇問題」は多くの識者の間で、かなり前から議論されていた問題なのですが、最近になってその問題の深刻さが露呈されました。

実はIPアドレスが将来枯渇するという予測はインターネットが誕生した時から既に分かっていたことです。「32ビットのIPアドレス(IPv4アドレス)では2の32乗=約43億のIPアドレスしか管理できない」という考えは将来に起こり得る問題として当時から指摘されていましたが、実際に深刻な問題としては取り組まれてきませんでした。なぜなら、1980年代以前の考えでは43億という大量の数のIPアドレスがあれば、不足することはまず無いだろうと誰もが考えていたからです。

「IPアドレスの在庫不足」が発生している理由は、世界のインターネット人口が急速に拡大したという単純なネット人口増加からもたられているのではありません。
一番の理由は「企業のビジネス活動」によって一度に大量のIPが消費されているということに起因しています。

それでは企業はそれほど大量のIPアドレスを一体何に使っているのでしょうか?

それは「メール配信」です。

メルマガを使った「ダイレクトレスポンスマーケティング」に代表されるメールマーケティングは今となってはオンラインでの商品マーケティングの代名詞となっています。
インターネット上で商取引を行う大小企業のほとんどが顧客リストへの定期メール配信を行うことで、商品の販促や企業イメージのアップを行っています。

では、ここでメルマガ業者が一体どのような仕組みをでメルマガを送っているのかについて少しだけ説明させて頂きます。

まず大量のメール配信を行う為には専用のリレーサーバーとIPアドレスが必ず必要となります。

メルマガサービスを提供している業者はメール配信のソフトウェアを構築するだけでなく、自前でリレーサーバーとIPアドレスを用意することでメルマガサービスを私達に提供しているのです。

実はIPアドレスはたった一つだけでは同時に多くのメールを送ることができません。 なぜなら、昨今プロバイダー各社は迷惑メールの防止措置を強めており、 単一のIPアドレスからの大量メール送信を自動的にブロックしているからです。

そこでメルマガ業者は、128IP、256IP~数千個といった大量のIPアドレスを用意し IPを分散させることでメールを送信させます。

しかしながら、たとえIPアドレスを分散させてメール配信を行っても、同一のIPを何度も使い続けると自動的にプロバイダーのIPブラックリストに加えられ、メールの到達率が悪くなるという「IPの劣化現象」がおこります。

そこで、このIPの劣化現象を避ける為にメルマガ業者は定期的に新しいIPに取替えを行うのが業界の通例です。
この取替えによって到達率のクオリティを維持し顧客を維持し続けることが可能となるのです。

しかしながら、先にも述べた通り日本国内ではもう新しいIPが手に入らなくなってしまいました。

特に日本においては、社会問題ともなっている出会い系業者などが、迷惑メールの送信にあまりにも大量のIPアドレスを使いすぎた為、これが世界に先駆けてIP在庫の枯渇を引き起こす原因となったのです。

この国内のIP枯渇現象に今、多くのメルマガ業者が悲鳴を上げています。
なぜなら、メルマガ業者にとっての最優先の課題は新規のIPアドレスを定期的に仕入れて高いメール到達率を維持し続けることだからです。
こうした業界事情から、今メルマガ業者市場で新規IPアドレスの争奪合戦が勃発しているのです。

では、メルマガ業者は一体どこから新しいIPアドレスを仕入れているのでしょうか?

それは数少ない「海外IPアドレスブローカー」からです。
実は現在日本で新規に出回っているIPのほとんどは海外からの「輸入IPアドレス」なのです。

IPアドレス市場の高い需要率と低い供給率。

私はここに大きなビジネスチャンスがあると睨み
これを事業化することに決めました。

そしてその事業をファンド化し事業資金を一般より公募します。

IPアドレス輸入転売事業

そして最後にもう一つ…

無料:観るだけで稼げる映画(PR)

視聴者の方をプーケットにご招待します!

動画再生回数は7万回を超え!

映画へのコメント数は20,000件オーバー!

この衝撃の映画をあなたも目撃してください。↓

無料:観るだけで稼げる映画

見るだけで稼げる不思議な映画

ホントかどうか?…それは見てから判断してくれ。

池田秀樹さんの投稿 2016年7月11日

→今すぐ映画を視聴するにはこちら