クラウドファンディング(crowd funding)とは、
不特定多数の個人がネット上でゲームアプリの新企画やアーティスト/ミュージシャンの作品の創作活動に簡単に資金が提供できる募金支援システムです。

その名前の由来は群衆(crowd)と資金調達(funding)を組み合わせた造語からきています。

クラウドファンディングには大きく分けて以下の3つタイプがあります。

購入型クラウドファンディング
寄付型クラウドファンディング
投資型クラウドファンディング

こうした一般の多くの人達から支援を集めて資金を調達するインターネットの仕組みは数年前から存在していましたが、これまで大きな話題になることはありませんでした。

しかしながら、 2012年にアメリカのKickstarter(キックスターター)という大手クラウドファンディングサイトにおいて、あるゲーム開発会社が自社の新しいアドベンチャーゲームの開発費用の支援を求めた際にわずか24時間で100万ドル(1億円)の支援金を集め、更にその後の数週間で合計300万ドル(3億円)を集めたという事実が広くニュース上で取り上げられたことから、世界中にクラウドファンディングの存在が一期に知られるようになったのです。

このようにわずか数年の内に急激に成長を続けてきたクラウドファンディン市場ですが、 実は現在サービスが展開されているクラウドファンディングのほとんどは出資者に一切金銭的な見返りの無い寄付型、購入型モデルです。

KickStarterを始めとする上記のクラウドファンディングに出資する人達は出品される商品開発者の元々の熱烈なファンであったり、心か らのチャリティの目的であったり、あるいはほんのわずかでも数ドルの資金提供という形で企画に参加することでお祭りイベントを楽しむ目的で使っている人達 が大半です。

その一方で、参加者にとって最も魅力的となる「配当金がバックされる投資型クラウドファンディング」は今までほとんど皆無に近い状態でした。

なぜなら、投資型クラウドファンディングの配当金バックのモデルは多くの国で法律上規制がされていたからです。

 しかしながら、今年の春、アメリカで革命が起きました。

 2013年3月 ワシントンD.C-

 アメリカのオバマ大統領がJOBS-ACT法を可決しました。
このことで事実上、投資型クラウドファンディングが法律で認可されることになったのです。

実はアメリカ以外のスペイン、ロシア、オランダでは既に一足先にこの投資型クラウドファンディングが解禁されており、特に金融先進国のイギリスではあのカリスマ起業家、ヴァージングループ総裁リチャード・ブランソン氏が手がける投資型クラウドファンディングも登場し業界の話題を集めています。

 こうした投資型クラウドファンディングのモデルの登場は今後のネットビジネス業界、投資市場の主流トレンドになっていき、クラウドファンディングは将来的に「一般市民のソーシャル投資場」として確固となる市民権を獲得してゆくことになるでしょうね。

クラウドファンディングの今後に注目です。

そして最後にもう一つ…

無料:観るだけで稼げる映画(PR)

視聴者の方をプーケットにご招待します!

動画再生回数は7万回を超え!

映画へのコメント数は20,000件オーバー!

この衝撃の映画をあなたも目撃してください。↓

無料:観るだけで稼げる映画

見るだけで稼げる不思議な映画

ホントかどうか?…それは見てから判断してくれ。

池田秀樹さんの投稿 2016年7月11日

→今すぐ映画を視聴するにはこちら