シンガポールはメイド大国です。

我が家でももう2年近くメイドを雇っています。

ここで言うメイドとは家事や子育ての手伝いをする住み込み家政婦のことですが、
2013年のシンガポールMOM(労働局)の調査によると、現在約21万人のメイドがシンガポールで働いているそうです。

統計的には5世帯に1人が住み込みメイドを雇っている計算になります。

炊事、洗濯、掃除、子供の世話までもやってくれるメイドは子育てに忙しいママや共働きの夫婦にとっては非常に大助かりの存在です。

シンガポールで働くメイドの出身国はフィリピンが最も多く、次いでインドネシア、マレーシア、ミャンマーなどからもメイド労働者が出稼ぎに来ています。

シンガポールでは、もはやハウスメイドは当たり前の文化として定着しており、少し収入にゆとりのある小さな子供を持つ所帯のほとんどが住み込みメイドを雇っています。

なぜここまでメイド文化が浸透しているかと言うと、

シンガポールではメイドの賃金が比較的安いこと
そしてメイド労働者への法的整備が整っていることが挙げられます。

Ranking

■シンガポールのメイド雇用にかかる費用

現在の一般的な住み込みメイドの1か月の給料の相場は

450から500シンガポールドルです。
(日本円で3万6000円~4万円)

またメイドの雇用者にはForeign Worker Levyと呼ばれるメイド税が毎月課せられます。
毎月170シンガポールドル程のメイド税がGIROと呼ばれる銀行自動引き落としによって徴収される仕組みになっています。

その他にかかる費用としては

1.派遣エージェントへの手数料- 1000~2000シンガポールドル

※エージェントによって金額はまちまちです。事前によく調べる必要があります。

2.保険料 - 256シンガポールドル

※万が一メイドが事故になったり大病にかかったりした時の為に雇い主には保険料の支払いが義務付けれています。又、フィリピン人のメイドの場合はこれにプラスで72ドルの保険料を別途支払う必要があります。

3.プレースメント費用 - 2か月分の給料と同額の金額

※新しいメイドを雇った場合はプレースメント(斡旋)費用と呼ばれるものをエージェント手数料と別にエージェントに支払います。この分は後でメイドに支払う給料から差し引くことができます。

4.オリエンテーション(講習会)費用 - 20~30シンガポールドル

※新規にメイドを雇用する者はすべて、政府が毎月定期的に開催しているメイド雇用1日講習会への参加が義務付けられています。ここでメイドを雇う際のルールなどを勉強します。講習会終了後に簡単なテストがあり、これにパスしないとメイド雇用の許可がもらえません。又、この講習会はインターネットでの受講も可能です。

5.メイドの生活必需品の購入費用

※シンガポールのメイドは基本的に住み込みなので、彼女達の日常生活必需品は雇用主が用意する必要があります。主に寝具、洗面用具、トイレットペーパー、食器などです。

6.メイドの食費

※メイドが食べる食事の費用は雇用者が持つ必要があります。メイドに食事を作ってもらう場合は必ずメイドの分を含めて作ってもらうか、もし彼女達に別のものを食べさせる場合はその分の食費を渡す必要があります。

7.メイドの医療費と定期健康検診費用(50~100シンガポールドル)

※もしメイドが病気になって病院に行くことになったら、その費用は雇用主が支払います。又、メイドには年2回の定期健康検診が義務付けれています。これは主に妊娠や性病のチェックです。万が一妊娠が発覚した場合は彼女達は強制的に労働ビザが取り上げられ帰国させられます。この定期検診費用も雇用主が支払ます。

8.航空券費用

※メイドを自分の国に帰省させる場合の費用は雇用主が支払います。万が一トラブルが遭って解雇した場合は帰国費用は雇用主が負担します。又、メイドに非があり強制送還になった場合も管理者責任ということで帰国の航空券費用は雇用者が購入します。

以上が主にかかる費用です。

そして以下にメイド雇用の際の注意点をまとめます。

■メイドを雇う際の注意点

1.面接時の業務内容の確認

雇用契約をする前のメイドとの面接時には、やってもらう仕事内容、就業時間、休みの取り決めなどについて細かく確認しましょう。朝何時に起床し、どの程度の仕事を何時までやってもらうのか最初の段階できちんと伝えておかないと後々のトラブルの原因になります。もし自分の求めている条件に合わない場合は他のメイドを探しましょう。

2.仕事の管理

当然のことですが、日々のメイドの仕事の管理は雇用主が行います。特に最初の3か月が重要です。毎日の仕事スケジュール、優先的にやってもらう仕事の指示は的確に出しましょう。

・作ってもらった食事がおいしくない
・掃除がきちんとできていない
・子供の扱いが良くない

メイドが仕事をきちんとしてくれないのは、すべて雇用主の責任と考えるべきです。
仕事がうまくできていない場合は、徹底的に教えましょう。
もしなかなか覚えてもらえない場合は、「やる事リスト」を紙に書いてそれを渡してチェックさせるなど工夫が必要です。
最初の段階で「まあ、いいや」で片づけてしまうと後々大きなストレスの原因になります。遠慮せずに自分が納得できる仕事をしてもらえるように根気強く仕事を教える努力をしましょう。

3.相手をきちんと人間として扱う

これは当たり前のことですが、メイドは奴隷ではありません。感情を持った人間です。
仕事がよくできたら褒めてあげる。よく頑張ってくれた月は少しだけボーナスをあげる。相手が何か問題を抱えていたら親身になって相談に乗ってあげる。

「アメとムチ」が重要です。

更に普段のお互いのコミュニケーションがとても重要です。特に住み込みメイドは一緒に暮らして毎日顔を合わせる仲ので、お互いの信頼関係の構築に気を配りましょう。

3.買い物に行かせる時は必ずチェック

食料などの買い物に行かせる時は必ずレシートと釣り銭をチェックしましょう。メイドの出身国は基本的に日本と違い貧困国です。彼女達にとってはわずか数ドルでも大きな価値があるので、買い物時のレシートをしっかりチェックしないと時々ごまかされる場合が多々あります。
又、高額な買い物はメイドに任せない方が賢明です。

4.自分の貴重品とメイドのパスポートの管理

万が一の盗難トラブルを避ける為に高価な貴重品や現金は必ず金庫に保管しましょう。又、メイドのパスポートはメイドに管理させないで雇用主が管理することが常識です。これも金庫に入れておくようにしましょう。

5.就業時間後や休みの日のプライベートのチェック

夜の仕事が終われば彼女達は基本的に自由ですが、外出の門限は絶対に決めましょう。法律上、夜10時以降はメイドを外出させてはいけないと言うルールもあります。
又、休みの日の帰宅時間は絶対守らせるようにしましょう。

実は我が家の一人目のメイドは、私達が就寝した後に真夜中にこっそり外出して朝帰りを何度か繰り返していました。ボーフレンドに会いに行っていたのかディスコに遊びに行っていたのか分かりませんが、事実発覚後、即解雇しました。
もし、メイドが外で何かしらのトラブルを起こした場合、それはすべて雇用者の責任となります。万が一外で売春行為を行っていたり、大きな事件を起こした場合は多額の罰金を支払うことにもなりかねません。メイドのプライベートの部分にもしっかり注意を向けておくことが重要です。

以上、シンガポールでメイドを雇う際のポイントをまとめてみました。

これからシンガポールに住む方、又はメイドの雇用を考えている方は是非参考にしてください。

そして最後にもう一つ…

無料:観るだけで稼げる映画(PR)

視聴者の方をプーケットにご招待します!

動画再生回数は7万回を超え!

映画へのコメント数は20,000件オーバー!

この衝撃の映画をあなたも目撃してください。↓

無料:観るだけで稼げる映画

見るだけで稼げる不思議な映画

ホントかどうか?…それは見てから判断してくれ。

池田秀樹さんの投稿 2016年7月11日

→今すぐ映画を視聴するにはこちら