にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ

HSBC銀行のプレミア口座の開設にはいくつかのメリットがあります。

人気ブログランキング参加中!
応援クリック宜しくお願いします。 → Ranking

最も大きなメリットは
どこか1つの国でHSBC銀行のプレミア口座を取得すれば、香港やシンガポールなど他のオフショア金融センターにあるHSBCプレミア口座に無条件で口座開設ができるという点です。
又、HSBCプレミア口座間の送金は無料となり、24時間ネットバンクから送金が可能な為、海外投資を行う上で非常に便利です。

プレミア口座は基本的に富裕層の資産運用向けの口座と位置づけられている為、口座の開設には最低預入金額が定められています。

香港でのHSBCプレミア口座の開設には金融資産1000万円以上、そしてシンガポールのプレミア開設には1600万円程の預け入れが最低限必要になります。

そして今、日本人の間で人気なのはマレーシアのHSBCプレミア口座です。

なぜなら、マレーシアのプレミア口座開設は最低20万リンギット(600万円程)と預入金額のハードルがかなり低いからです。

また補足になりますが、マレーシアの銀行は預金金利が高いです。銀行にもよりますが、普通預金で1%、1年間の定期預金で平均3.2%の預金金利が付きます。ゼロ金利が長く続いている日本と比べるとこういった部分はメリットでしょう。

但し、HSBC銀行での口座開設は本人が現地に赴くことが必須になります。

あと、最近は香港もマレーシアも口座開設時に銀行の行員と英語で簡単な会話ができないと口座開設ができないというケースが多いようです。

以前は日本語しか喋れなくても通訳の方と一緒に行けば問題なかったのですが、海外の銀行開設を巡る状況は年々厳しくなってきていますね。

数年前はシンガポールのOCBC、DBS、UOB銀行では現地通訳ガイドと一緒に行けば口座開設できましたが、
今は行員の英語での質門に本人が英語で回答できないと門前払いです。

又、シンガポールのCitiBank(シティバンク)のIPB口座に関しては2010年頃までは現地に行かなくても日本語でインターネットでの申し込みと必要書類の郵送のみで口座開設ができましたが、

現在はシティバンクのルール変更で日本在住の方(日本に住民票を持つ方)はIPB口座開設ができなくなりました。

ちなみに私が一番最初に開設した海外口座はシティバンクのシンガポールIPB口座で、あれは2009年頃でしたね。 当時は日本に居ながら現地に全く行かずに3か月くらいで口座開設が完了しました。

銀行のルールは毎年目まぐるしく変わっています。

海外での資産運用、そして海外銀行口座の開設を考えている人は早めに動いた方が得策です。
Ranking

そして最後にもう一つ…

リストも
地位も
アフィリエイターも
スタッフも
機材も
商品も…

すべてを失いました…

もし、突然すべてを失ったら…

そんな何も無い状態で

1.ケータイ
2.パソコン
3.マーケティングスキル
4.ソーシャル友達

だけを使って、

30日で一体どうやって
収入を生み出すのか…?

壮絶な私の30日間シミュレーション
ローンチ・ドキュメンタリー実験企画

【30デイズ・ ローンチ】

が、いま始まります。

この衝撃の映像の続きを見るには
以下をクリックしてください。

無料:もしすべてを失ったら、30日で復活できるか?

(FBメッセンジャーに無料登録されます)