もしビジネスにおいてあなたの売上を今すぐ劇的に改善する魔法のツールがあるとすれば、それは「ステップメール」です。

「ステップメール」とは読者登録をした「見込み客」に予め作成したメールを予約した日時に段階的に送っていくほとんどのメルマガ配信スタンドに付いている便利な機能の一つですが、

便利だからと言って毎回商品の売り込みメールを送っていいかと言うばそうではありません。

ステップメールの真の目的はあなたの会社やあなたのHPに興味を持ってメルマガに登録をしてくれた人を「見込み客」に育てていくことです。

ここで重要なのは登録したばかりの読者はまだあなたの見込み客になっていないという認識を持つことです。

従って、どのようにすればその読者を見込み客に育てていくことが可能なのかという視点に立って戦略的にステップメールのシナリオ作りを考えていく必要があります。

■ステップメールの開封率は通常メルマガの3倍以上、クリック率は5倍以上

私の過去の経験データ上、ステップメールは普通にメルマガを一括配信した時よりも

メール開封率が3倍以上、クリック率が5倍以上になります。

これはあくまで実践での平均値です。

非常に不思議なのですが、ステップメールを効果的に使えば普通のメルマガキャンペーンよりもはるかに高い結果を得ることができます。

以前、10万件のメルマガ読者にある数万円の商品を販売したことがあるのですが、
最初にその読者に通常メルマガで複数回の販促を行ったところ、わずか15本しか商品が売れませんでした。

しかしながら、複数のプレゼント提供を行うキャンペーンを作成し、同じ読者にそのキャンペーンランディングページへの無料登録を行わせて登録後に14日間スケジュールでステップメールを組んだところ、

なんと最終的に150本の商品が売れたのです。

ステップメールを効果的に使ったことで売上はなんと10倍になったのです。

このようにステップメールは商品販売において絶大な力を持つ魔法のツールといえます。

■ステップメールのシナリオ作成時に多くの人が犯す過ち

「まだあなたの見込み客になっていない読者を時間をかけてあなたの見込み客に育てていく・・・」

これがステップメールの大原則です。

この大原則に立ってステップメールの作成を心がければ、
必然的にステップシナリオの内容や順番はどのようにすればよいかと真剣に頭を使って考えるようになるはずです。

しかしながら、世間一般では、
ただ予め作成したおいた情報メールを毎日自動で送ればそれがステップメールだと勘違いしている人がどうも多いようです。

特にステップメールで失敗する人に多いのが、「情報詰め込みすぎ」のケースです。

よく大企業発行のメルマガに多い例として、その企業の商品や会社経歴、コラムなどをこれでもかという程1通のメールの中に盛り込みすぎている傾向が多く見受けられます。

しかし、読者はあなたメール本文を毎回全部頭から最後まで読んでくれる程ヒマではありません。

読者の元には平均的に毎日数十通ものキャンペーンメールが他の色々な企業からも毎日のように届いています。

読者はメールボックスに届くすべてのメールに一字一句目を通す程、毎日時間が余っているわけではありません。

この読者のメール受信箱の事情をきちんと理解しておかなけれと、ステップメール戦略においても失敗します。

これは通常のメルマガキャンペーンにおいても言えることですが、
1通のメールにおいては「トピックは毎回1つに絞る」ことがまず重要です。

1通のメールの中に、商品情報、企業実績、プレゼントリンク等をすべて羅列してしまうと
読者の集中が分散されてしまい、送ったメルマガの効果が半減するどころか、

情報の詰め込みすぎで、読者がどの情報も読んでくれないという悲惨な結果を招く場合もあります。

二兎追うものは一兎も得ずです。

ステップメールを作成する場合にも特に「トピックを1つに絞る」ことに神経を集中させなければいけません。

■ステップメールのシナリオ作成方法

ステップメール作成の際にまず一番最初にやることは

「ゴール(目標)」と「期間」の設定
です。

ランディングページから読者にオプトイン登録してもらった後に、
最終的に何日以内に読者をどのようなアクション(行動)へと導きたいのか?

もし「商品販売」をゴールと定めるなら、決められた期間内に一体どのようなメールアプローチを仕掛ければ最も多くの読者を商品購入者にさせることができるのかという読者の購買心理を考えた上でシナリオのプロセスを練っていく必要があります。

そのプロセスを考えた上で、次に行うことは

各ステップメールのトピックの決定」です。

トピック決定とはつまり「小さな目的設定」のことです。

実はそれぞれのステップメールのシナリオには

すべて別々の「小さな目的」を設定し、毎回その小さな目的に沿った簡潔なメール文を作成しなければいけません。

例えば、読者登録から2週間かけて見込み客教育を行い、2週間後に商品を販売するという目標設定を立てたとします。

そして、14日間に1日おきで合計8つのステップメールを送っていくと決めたとしましょう。

あなたが次にやることは1通目のステップメールをパソコンに向かっていきなり書き始めることではなく、

8つのメールシナリオのそれぞれの小さな目的を明確にさせることです。

その際、小さな目的の設定は以下のようにメール1通につき1個に絞ります。

ステップ1通目 目的…読者を引き留める

ステップ2通目 目的…読者の共感の構築

ステップ3通目 目的…会社の専門性のアピール

ステップ4通目 目的…会社の信用性のアピール

ステップ5通目 目的…Win-Win関係構築のスタート

ステップ6通目 目的…読者の更なる共感を得る

ステップ7通目 目的…Win-Win関係の更なる構築

ステップ8通目 目的…商品クロージング

このように上記の8つのステップメールにおけるそれぞれの「小さな目的設定」をしてから、各シナリオの文章作成に着手します。

それでは、次の章では実際に売上を10倍にしたステップメールのテンプレートをご紹介します。

次の記事>> 売上げを10倍にするステップメールのテンプレートとは?

そして最後にもう一つ…

無料:観るだけで稼げる映画(PR)

視聴者の方をプーケットにご招待します!

動画再生回数は7万回を超え!

映画へのコメント数は20,000件オーバー!

この衝撃の映画をあなたも目撃してください。↓

無料:観るだけで稼げる映画

見るだけで稼げる不思議な映画

ホントかどうか?…それは見てから判断してくれ。

池田秀樹さんの投稿 2016年7月11日

→今すぐ映画を視聴するにはこちら