前回の投稿で私が日本を脱出したのは
福島原発の放射能から逃げる為と書きましたが、
本日は動機から繋がる新たな発見の意義について書きます。

今、私は主に日本国内向けにメール配信システムを提供する事業を行い、現在ここタイで次のビジネスの準備をしています。

でも、これらは2011年にシンガポールへ移住した当初は
全く考えもしなかった事業プランです。

現在、紆余曲折あり縁あってタイ、プーケット島に住んでいますが、
3年前はプーケットに住む構想など頭の隅にもありませんでした。

今から23年前。

高校卒業後、私はアメリカに旅立ちました。

目標はハリウッドでの俳優修行です。

アメリカではアクターズスタジオという演技の伝統学校のLA分校で
俳優の勉強をする機会にも恵まれましたが、

その他にも後々の自分の人生の基盤となることを学びました。

一番は英語です。

そして、二番目は日本人としてのアイデンティティです。

「日本は世界の中の小さな島国でしかなく、日本人は世界の中の一民族でしかない」

言葉で表現すれば誰でも分かる当たり前のことですが、

アメリカでの5年間の生活でそれを肌で学び
自分の核の部分として身に付けることができました。

私がいまロシア人の妻と結婚し、
現在プーケットに住み、
子供と普通に毎日英語でコミュニケーションしているのも

このアメリカ生活で身につけた部分からきているのだと思います。

また、英語についてですが、

これは生活においてもですが、
現在の仕事において非常に重要な役割を果たしています。

まず、ITの業界はアメリカが常に最先端であり、
プログラムの言語は基本的に英語がベースとなっています。

加えて業界の新しい情報を逐一仕入れたり、
インドなどのコストの安い国に外注する際に交渉を行うにも英語は不可欠です。

たぶん10年後は英語ができない人は
IT業界で食っていくことはできなくなると私は思っています。

このように私は当初の渡米の動機だった俳優になることとは
程遠い仕事や生活を現在していますが、

その動機から始まった行動によって学んだことは
全く異なる部分で現在の生活に役立っているのです。

偉大なる故スティーブ・ジョブス氏は
かの有名なスタンフォード大学でのスピーチにおいて
点と点は後からそれを結びつけて初めて一本の線になっていたのだと気付くと語っていました。

物事をスタートする動機は何でも構わない。

その動機によって飛び込んだ新しい世界の中で見つかる
新しい発見にこそ自分の未来の人生を豊かにするヒントが隠されているのだ。

私は常に自分にこう言い聞かせています。

重要なのは人生の選択の節目となる瞬間が来た時は
必ず自分の心の声に従って直感的に行動することです。

私の前世はきっと浮浪者かジプシーだったのかもしれませんね…(笑)

そして最後にもう一つ…

無料:観るだけで稼げる映画(PR)

視聴者の方をプーケットにご招待します!

動画再生回数は7万回を超え!

映画へのコメント数は20,000件オーバー!

この衝撃の映画をあなたも目撃してください。↓

無料:観るだけで稼げる映画

見るだけで稼げる不思議な映画

ホントかどうか?…それは見てから判断してくれ。

池田秀樹さんの投稿 2016年7月11日

→今すぐ映画を視聴するにはこちら