1日で最も重要な時間とは何か?

それはその日1日の計画を立てる時間です。

「計画」と聞いてちょっと尻込みしますか?

たぶん「計画」という言葉を聞いただけで恐怖症を起こす人もいるかもしれませんが、どうか安心してください。

ここで言う「計画」とはビジネスの計画や年間目標のことではありません。

私が言うのは、その日1日に何を優先して行いどのように過ごすのかという「やる事リストの作成」に
あなたの20分間を使うということです。

あなたが今日そのやる事リストの作成に20分使うことが
明日の時間を節約し、良い一日を素晴らしい一日に変えることに繋がります。

起業家にとってもっと貴重なリソースは時間であるということは誰もが知ることです。

従って、その貴重な時間を他人を明け渡したり、あなたにとって重要でないことに費やすのはやめましょう。

「もし1日があと数時間あったら…すべてのことをやり遂げられるのに」と多くの人は言います。

でも、もし1日の2時間をどうでもよいTV番組を見るのに使ったり、
あなたが買うつもりの無いものを必死に売ろうとする人の話を何時間もかけて聞くことに使ってしまったら…?

そんな経験がありますか?私にはあります。

自分の時間を他人から守り硬くガードするということは起業家によって非常に重要です。

これは時に楽しい誘惑を拒否をすることを意味します。
そしてこれは無意味な長話をする人とそうでない人を取捨選択することを意味します。
更に他人の気分を害することも厭わずに時にはNOと言うことを意味します。

でも、今日NOと言うことは明日もっと重要なことにYesと言う機会を与えてくれることに繋がるのです。

 

私の1日:

今日で私は504回目の「朝の計画」をやり遂げました。これは今ではプログラム化された習慣となっている1日の日課です。
私がこの日課を始めたのは2012年の12月4日です。この日課の内容はシンプルです。

1.朝の始まり。その日1日にやり遂げたい8つの小さなゴール(やる事)を書き留めます。そして、その8つが8時間でやり遂げられるものかどうかを考えます。

2.その8つの内、6つのゴールは仕事に関わるもので、2つはプライベートなゴール設定にしています。プライベートとは朝のジョギングだったり夜に家族との時間を持つことだったりします。

3.次の日の朝。前日の8つのゴールが達成できたかどうかをチェックし、前日の結果を考慮してその日の8つのゴールを定めます。

4.土曜日。平日の6:2の 仕事:プライベート の比率を反転させ、8つのプライベートなゴールと、支払いなどの簡単な業務の2つの仕事のゴールを設定します。週末の時間を充実させ週末の仕事を思いどどませる為には努力が必要です。

日曜日は「やることリスト」はありません。1週間の内で休息の時間とリストから解放されるオフ日が必要です。

 

1日に20分の時間をその日のやる事リスト作成に費やすことは私の仕事、自分のプライベート、そして心身の健康に非常に有益な結果をもたらしました。 1日8つという実行数字は私が自分にとって一番合った数字で、他にもっと有効なやり方があるのかもしれません。

ある有名な起業家の方は朝3つから5つのやるべきことを書き出し、その中で1つを選んで必ずそれを終わらせるということをやっています。
またある成功者はその日最も重要なことを1つだけ選んでやれと言っています。

要するに重要なのは、その日の計画を立てることではなく、その日にやると決めたことをやり遂げることなのです。

私は1日のスタート時間にその日1日をいかに充実した日に終わらせるかをイメージしそれに意識をフォーカスすることが大好きです。
また、人によっては寝る前の20分間に次の日のゲームプランを立てることが好きな人もいることでしょう。

1日で最も重要な20分をあなた自身で選んで下さい。

問題は「いかにその20分を活かすのか?」です。

 

原文:The Most Important 20 Minutes of the Day

そして最後にもう一つ…

無料:観るだけで稼げる映画(PR)

視聴者の方をプーケットにご招待します!

動画再生回数は7万回を超え!

映画へのコメント数は20,000件オーバー!

この衝撃の映画をあなたも目撃してください。↓

無料:観るだけで稼げる映画

見るだけで稼げる不思議な映画

ホントかどうか?…それは見てから判断してくれ。

池田秀樹さんの投稿 2016年7月11日

→今すぐ映画を視聴するにはこちら