いつも怒って不幸そうにしているお金持ちほどひどいものはない。

こんな人達は本当に救いようも無いが、そういった光景を私はよく目にする。

こうしたことは過度の期待と期待が思った通りにいっていない状況の極端にアンバランスな人生の結果起きている。

いまの自分の現状に対する感謝の気持ちとそれを享受すること無しに真の成功を知ることはできない。

では一体どうやってバランスのとれた人生を育んでいけばよいのだろうか?

もしバランスが取れていない人生だったら目標達成することに果たしてどんな意味があるというのか?

幸運なことに私はもう40年もの間、あらゆる人達の人生をコーチングしてきた。

その中には世界的にとても影響力のある人達も含まれる。

私の顧客には中小企業のオーナーの方々だけでなくアメリカ合衆国の大統領もいた。

こうしたコーチングの経験から、私は人々はすべての瞬間において

人生のクオリティを直接左右する「3つの意志決定」を無意識下で行っているのだということを発見した。

もしあなたがこの「3つの意志決定」を無意識に行い続けたら、あなたの人生は肉体的、精神的に疲労困憊しお金のストレスに悩まされている大多数の人達の人生と同じようになることであろう。

しかしながら、もしあななたがこの意志決定を意識的に行うことができれば、
あなたは今日この瞬間から自分の人生の方向を変えることができるのだ。

 

第1の意志決定:「いま何に集中すべきか?」注意深く選択せよ

すべての瞬間においてあなたの周りで無数の事物があなたの注意を引こうとしている。

あなたは今この瞬間に目の前で起こっていることに意識を集中することもできるし、未来の願望や過去に起こったことに意識を集中することもできる。

あなたのエネルギーはあなたが集中を向ける方向へと流れていく。
あなたが集中するもの、そしてその集中のパターンがあなたの人生の全体像を形造っているのだ。

あなたは次のどちらにより集中する傾向があるだろうか?

現在の自分の現状に対してか?
それともいま自分が手にできていないものに対してか?

もちろん誰でもこの両方の意識の集中パターンを持っている。
しかし、もし自分の思考パターンを分析するとしたら、
あなたはどちらにより多くの意識の集中時間を割いているだろうか?

自分が持っていないものや自分より経済的に豊かな人を妬むことに集中するよりも、
あなたは既に感謝に値するものをたくさん手にしていて、あなたが既に手にしているものの幾つかはお金に代え難いものなのだと気づくべきだ。

自分の健康、家族、友人、そして自分が現在得ている機会や自分のマインドにあなたは感謝することができるはずだ。

いまの現状を享受する習慣を身につけることがあなたを精神的に裕福な人間という新しいレベルへと導く。

しかし問題は心身共に心の底から今のあなたの現状に対して深く感謝する時間を割くことができるかどうかということだ。
それができて初めてあなたは真の喜び、幸せ、そして成功を見つけることが可能となるのだ。

では次に、あなたの人生に影響を与える別の意識の集中パターンについて考えてみよう。

あなたは自分がコントロールできるもの、もしくは自分のコントロールの及ばないもの、
これら二つの内どちらにより集中する傾向があるだろうか?

自分のコントロールの及ばないものに集中すれば、あなたは人生でストレスを抱えるだけだ。
それらはあなたの人生に多くの影響を与えるかもしれない。
でも結局あなたはそれらを自分でコントロールすることなどできないのだ。

さて、以上の集中パターンを意識的に行うことができるようになったら、
あなたの脳は次の意志決定を行わなければいけない。

 

第2の意志決定:「これが何を意味するのか?」常に考えろ。

究極を言えば、あなたが自分の人生をどう感じるかは、人生のイベントやあなたの金銭的な状況、そしてあなたの身に起こっていること(又は起こっていないこと)とはまるで関係が無い。

あなたの人生のクオリティはこれらの物事に対してあなたが行う「意味付け」によって決まっている。

人生で起こっているすべての物事に対して実はあなたの無意識が勝手にやっている「物事への意味付け」の影響についてあなたは意識していないことだと思う。

あなたの人生を壊す出来事(交通事故や病気、失業など)が起こった時、
あなたは「終わり」だと考える傾向があるだろうか?
それとも「始まり」だと考える傾向があるだろうか?

もし誰かがあなたの目の前に立ちはだかった時、
あなたはその人物をあなたに貶める人間だと思うだろうか?
それともあなたに教えを与えてくれる人間、もしくはあなたを心配してくれる人間だと思うだろうか?

人生を破壊するような問題が起こった時、
あなたがそれは神の天罰と捉えるだろうか?
もしくは人生の試練の時と考えるだろうか?
あるいは神が授けてくれたギフトだと取るだろうか?

あなたの人生は起こる出来事にあなたが与える意味付けによって変わるのだ。
その個々の意味付けによって異なったムードや感情が生まれ、
そして、どんな感情を抱いて毎日過ごすのかがあなたの人生のクオリティを決定する。

私は自分のセミナーで参加者に毎回次の質門をする。

「この中で自分の周りで抗うつ剤を服用してもうつ病のままの状態の人を知っているという人はいますか?」

だいたい私の質門に85%から90%の人が手を挙げる。

一体どうしてこんなことになるのか?
薬とは人々の体を良くする為のものであるはずだ。
実は抗うつ剤には自殺願望が発生する副作用の危険性の注意書きが付いている。

うつ病の人がたとえどんなにたくさん薬を飲んだとしても、
もし彼が自分のコントロールの及ばないもの、自分の人生に欠けているものに意識を集中し続けていたら、
絶望しないようになることなど難しい。
もし彼が「人生には生きる価値が無い」という意味付けをしていたら抗うつ剤が彼を治すことは永久に不可能だ。

もしそのうつ病の人が新しい意味付け、生きる理由や今の状況が人生に与えている意味に気付いた時、
彼はこれまでの人生で一番強い人間になることができるであろう。

自分の「集中するもの」と「意味付け」を変化させるだけで、
あなたの未来の人生を制限するものなど一切無くなる。
集中の変化と意味付けの変化はわずか数分で人間の体に科学反応を引き起こすのだ。

だから常にコントロールして忘れないようにしよう。

意味付け=感情
感情=人生 なのだということを。

意識的に賢く行動を選択しよう。

すべての物事があなたに与える個々の「意味」を見出すことができれば、
本当に深いレベルでの富が今日にでもあなたのものとなる。

あなたのマインドが物事に対して「意味付け」を行うと同時に「感情」が作られる。

その「感情」が次の第3の意志決定のステージへとあなたを導く。

 

第3の意志決定:どう行動するか?

あなたが取る行動はあなたの感情のムードによって形造られる。

怒っている時に取る行動は楽しい気分の時や極悪モードの時の行動とはまるっきり異なるものだ。

自分の行動を変えたい時、一番手っ取り早いのは集中の対象と物事の意味付けを他の影響力のあるものに変えることだ。

2人の怒っている人は異なった行動を取ることだろう。
一方は引っ張ろうとし、もう一方は押そうとする。

人によっては静かに怒る人もいる。
またある人はうるさく怒り、暴力的に怒る人もいる。
中には相手に打撃や復讐を与える攻撃的な機会を秘かに待つ為に怒りを表に表さない人もいるだろう。

こうした人々の行動パターンの違いはどこから来るのか?
人間は自分の尊敬する人や一緒にいて楽しい人、そして愛する人の行動をモデルとして行動する傾向があるのだ。

もしあなたをいらいらさせたり、怒らせたりする人が出てきたら?
あなたは彼らの接近を頻繁に拒むことだろう。

また、時には若い時に何度も何度も不快にさせられた時と同じパターンにまた自分が陥っていることに気づくかもしれない。

自分がいらいらしている時、怒った時、悲しい時、そして寂しい時のパターンを意識するようになることはとても有効だ。
もし意識していなかったら、あなたはそのパターンを変えることはできない。

 

さて、以上の3つの意志決定の力を意識することができたら、
あなたが望むような人生を実際に送っている模範となる人物を探してみよう。

物事に情熱的な人達は集中としている対象も、物事に対しての意味付けの仕方も
小競り合いや喧嘩ばかりしている人達とは全く異なっていると私が保証する。

これはロケット工学のような難しいものじゃない。

この「3つの意志決定」について人々がどんな異なるアプローチを取っているのかを意識するようになれば、
あなたは自分の人生のどんな場所においても前向きな変化をいつも起こしてくれる足がかりを見つけるができるであろう。

※この文章はアンソニー・ロビンズの新刊「Money Master the Game: 7 Simple Steps to Financial Freedom」からの抜粋です。

原文記事:The 3 Decisions That Will Change Your Financial Life

そして最後にもう一つ…

無料:観るだけで稼げる映画(PR)

視聴者の方をプーケットにご招待します!

動画再生回数は7万回を超え!

映画へのコメント数は20,000件オーバー!

この衝撃の映画をあなたも目撃してください。↓

無料:観るだけで稼げる映画

見るだけで稼げる不思議な映画

ホントかどうか?…それは見てから判断してくれ。

池田秀樹さんの投稿 2016年7月11日

→今すぐ映画を視聴するにはこちら