人気ブログランキング参加中!
応援クリック宜しくお願いします。 → Ranking

日経平均株価が1万9000円台となり、もうすぐ2万円に到達しそうですね。

日本政府が日銀と連携して行ってきた度重なる異次元金融緩和による円安誘発で

昨年2014年の国内の大手輸出企業の業績が改善されました。

このことで世界の金余りが一気に日本株の買いに向かい株価が上がることになったのです。

つまり、ここまでの株高はマネーゲームです。

虚像の株高です。

円安のおかげでこれから日本企業の業績は将来もっと良くなっていくだろう…という

「期待感」でのみ買いが入っているファンダメンタルの相場なワケです。

投資家は大喜びでしょうが、

日経平均株価が上がっても日本国民の生活は一向に良くなりません。

あたり前ですね。

円高→円安の為替の操作トリックで企業の収益が増えたように見えるだけで

企業の商品が前よりもっと売れたわけではないのですから、

中身が伴っていない「みせかけの成長」なわけです。

企業は馬鹿ではありません。

為替益で増えたお金がいずれ国内投資や従業員の給料に還元されて消費の拡大に繋がっていくなどというのは

政府と官僚がマスコミと結託して描いたお花畑の絵図です。

実は昨年2014年の日本企業による海外企業のM&A(買収)は過去最多だったそうです。

これが意味することは何か?

つまり、為替益によって増益となった日本企業のお金の多くが

実は日本国内への投資ではなく海外への投資に流れているということです。

なぜこういうことが起こるのか?

それは頭のいい企業は将来円安が過剰に進んだ時に起こるハイパーインフレに備えて、

今の内に為替益で余った日本円を外貨資産に変えているわけです。

つまり、こういうことです。

例えばあなたが、

海外で10ドルの商品を10個売って

100ドル儲かったとします。

1ドル=100円の時代は

100ドルの売上を日本円に換金すると1万円でした。

でも、1ドル120円の今は

100ドルの売上を日本円に換金すると1万2000円です。

前より2000円儲かっているわけです。

でも、実際商品は前と同じで10個しか売れていません。

100ドルの売上は変わっていないのです。

しかしながら、同じ100ドルの売上を日本円に換金すると

前より今の方が2000円多い為、

日本に持ってくると2000円分多く税金が徴収されます。

中身の業績は全く上がっていないのに多く税金取られることになるのです。

だったら、日本円に換金する分は前と同じ1万円だけにしておいて

残り2000円分のドル分は日本円に換金しないで、

投資に回した方が良いよね!という発想になります。

今は株高だけど、それは単にバブル相場だということは企業はちゃんと分かっています。

バブルはいつか弾ける。

実体経済が伴わないマネーゲームによるバブルはいつか必ず崩壊します。

それではこのバブルが崩壊したら日本円はどうなるのか?

リーマン・ショックやユーロ危機の時みたいに

また円高時代がやってくると考えるのは素人だけです。

あの時代は円は安全な通貨と見なされていました。

当時、経済ショックの発端はアメリカや欧州であった為、

世界の投資家のお金は当時は安全と見なされていた円に向かった訳です。

でも、円はもはや安全な通貨ではありません。

馬鹿な政府と日銀が異次元レベルで大量にお金を刷ったおかげで

世界的に強かった日本円を一気に価値の低い通貨にしてしまいました。

1ドル79円台のような円高の時代はもう二度とやって来ないでしょう。

なぜ自国通貨の価値が下がることが良いことなのでしょうか?

日本円が強いということはそれはイコール日本という国家の強さの象徴でもあります。

自国通貨が安くなって喜ぶ人達は世界で日本人くらいです。

もはや今となっては海外投資家達は日本円を安全な通貨だと思っていません。

それは企業とて同じ考えに違いありません。

バブルは100%どこかのタイミングで弾けます

このバブルは日本がお金の大量印刷で意図的に引き起こしたバブルです。

従って、このバブルが弾ける時、日本は自爆します。

国の借金1100兆円を超えても
未だに返済めどが立っておらずに更に借金を増やし続ける日本の行く着く末は

株高バブル崩壊と同時多発で起こる国債大暴落とハイパーインフレです。

その時「預金封鎖が発動される日」は現実になります。

日本国民は安倍政権に国の舵取りを渡してしまったことで

株高バブルという自転車を漕ぎ続けるしかない「戻れない1本道」を進むことになってしまいました。

海外の投資家はいずれ円が暴落することがちゃんと分かっています。

株バブルの弾ける時に円を空売りして
大儲けするタイミングを虎視眈々と今から伺っています。

FXという逆張で儲けることができる通貨のレバレッジ売買取引の仕組みは現代社会が産んだ金融大罪です。

日本円は外国為替取引市場で米ドル、ユーロに続いて3番目に取引シェアが多い通貨です。

円の一斉空売りで大儲けしたくて仕方が無い投資家が世界中にうじゃうじゃいるのです。

こいつ(FX)のせいで日本は破綻に追い込まれることになるでしょう。

従って、円暴落のシナリオは既に出来上がっているとも言えます。

あとはこれがいつ起こるのかです。

頭のいい企業は当然将来の危機に備えています。

円安のおかげで為替益が増えれば増える程

将来のリスク回避の為に今よりもっと海外投資にお金が向かうことになるでしょう。

円安の進行は企業の資産フライトを加速させるだけなのです。

どんなに円安と株高が進んでも日本の国内投資や日本国民の給料の還元にお金は回ってこないのです。

すべては虚像です。

マネーゲームです。

いい加減、日本国民のみんなも気付くべきです。

自分で会社や事業のマネージメントなどやったことが無い

国民の税金でメシを食っている官僚や政治家が作った

円安=経済成長という浅はかな青写真が

日本破綻を早める引き金を引いてしまったのだということを。

では、将来の金融危機に備えて私達に何ができるのか?

結局、最後は自分の身は自分で守るしかありません。

自分の資産を守り危機にサバイバルしていける術を今からしっかりと勉強しておくしかありません…

そして最後にもう一つ…

無料:観るだけで稼げる映画(PR)

視聴者の方をプーケットにご招待します!

動画再生回数は7万回を超え!

映画へのコメント数は20,000件オーバー!

この衝撃の映画をあなたも目撃してください。↓

無料:観るだけで稼げる映画

見るだけで稼げる不思議な映画

ホントかどうか?…それは見てから判断してくれ。

池田秀樹さんの投稿 2016年7月11日

→今すぐ映画を視聴するにはこちら