Hotwire.com の共同経営者でZillow のCEOである39歳のスペンサー・ラスコフ氏は誰もが認める成功者の一人だ。
3人の子ども達の父親として彼は家庭でも職場でも忙しい。

そのスペンサー氏が週末に絶対にやらなかったことは何か?

それは古典的な意味での「仕事」である。

スペンサー氏はこう語っている。

私は週末にオフィスに行くことは一度も無いが、週末の夜でも必ずメールのチェックはしている。
私にとっての週末は業務に追われる毎日から一旦コンセントを抜く重要な機会であるが、
週末は同時に自分の会社や今自分が働いている業界について深く考える重要な時間でもある。

週末はその週の反省を行ったり自己を深く見つめ直す絶好のチャンスなのだ。

スタンフォード大学の最新の調査によると

人間の1時間当たりの生産性は1週間の労働時間が50時間を超えた辺りから著しく下降し始めて
55時間を超えたころで生産性は急激に落ち、もうそれ以上の時間は全く生産できない無意味な時間になってしまうということらしい。

これはすなわち、週に70時間労働している人は
生産性において週55時間労働している人とほとんど変わらないということを意味する。

成功者は週末にリラックスとエネルギーの回復を行う
ギアチェンジの重要性を知っている。
先のスペンサー氏の例ように
成功者は週末の時間を翌週の仕事のパフォーマンスを最大限に高める調整時間として使っているのだ。

言うが易し行うは難し…

しかし、ここに役立つヒントを挙げてみる

次の10個のリストは
成功したお金持ちが月曜日の朝に110%の力を発揮する為に行っている
週末の過ごし方である。

是非参考にしてみよう。

人気ブログランキング参加中!
応援クリック宜しくお願いします。 → Ranking

1.コンセントを外す

仕事のコンセントを一旦外すことは最も重要な週末戦略だ。

なぜならもし月曜日の朝から金曜日の夜までつけっぱなしだった仕事の電源からプラグ外す術を知らなかったら
仕事から永遠に離れることができないからだ。

24時間7日間仕事の臨戦態勢状態にいると、
極度のストレスにさらされ集中力とパワーの再充電ができなくなってしまう。

もし土日にメールと電話の留守電をチェックするのを無視してしますことが現実的に難し場合でも
土日は自分が決めた時間にだけそれらをチェックしそれに応答するという形にしよう。

例えば土曜日は子供を床屋に連れていき散髪をしている時にメールをチェックするとか、
日曜日は夕食後にメールをチェックするといった具合だ。
このように必須業務の自分が決めた短い時間に行うようにするだけで、
せっかく休みの時間のすべてを犠牲にせずに仕事のストレスを軽減してくれることに繋がる。

2.雑用は最小限にする

雑用にはあなたの週末時間を完全に奪ってしまう奇妙な習性がある。
雑用はあなたのリラックスと自己内省の貴重な週末の時間を奪ってしまう。

最悪なことに多くの雑用仕事はほとんど仕事と同じようなもので、
もし雑用処理に週末の時間を使ってしまったら、
あなたは7日間ぶっ続けで仕事をしているのと変わらなくなってしまうということだ。

これを避ける為に雑用はできるだけ平日に片付けるられるようにスケジュールに組み込み
もしその週にできなかった雑用は週末にやらずに翌週の平日に回すようにした方がよい。

3.省みる

1週間を「省みる」時間を毎週持つことは自己の進歩の為に重要だ。

今あなたが働いている業界、あなたが居る会社、そしてあなたの仕事に影響を与えている周りの環境…
普段は見逃してしまっているものについて深く考えることに週末の時間を使ってみよう。

月曜日から金曜日までの忙しい仕事の合間には
思いもつかない新しい物事の洞察をこの時間に得ることができるはずだ。
ここで得た新しい洞察を翌週の仕事の効率と生産性を向上させる新しいアプローチとして役立てよう。

4.運動する

週末に運動する時間は無い?

週末は合計48時間もある。
10分でも体を動かすことは、
ガンマアミノ酸と神経伝達物質を放出させ
ストレスを軽減させてくれることにつながる。

運動は新しいアイデアを創出する大きな手出けもてくれる。

多くの発明家や成功者はアウトドアアクティビティには
創造力をスパークさせてくれる力があるということを知っている。

例えば私の場合はサーフィンをやっている最中に素晴らしいアイデアが浮かぶことが多い。

海の中で目に飛び込んでくる美しい景色と爽快なアクティビディの融合が
クリエイティブなアイデアを与えてくれるのだ。

ジョギングやサイクリング、庭の手入れでも何でもいい。
運動はエンドルフィンを分泌させ物事を深いレベルで考えさせてくれる手助けをしてくれるのだ。

キーポイントはあなたに合った運動を見つけて、
それを週末に欠かさず行える習慣にすることだ。

5.情熱的な時間過ごす

週末に何かに対して情熱を注いだ時…
そこで起こる新しい変化に対してあなたはきっと驚くことになる。

情熱的な時間はあなたをストレスから解放し、新しい世界へマインドを広げてくれる。

音楽、読書、書くこと、絵を描くこと、子どもとのキャッチボールでさえ、
情熱的なアクティビティは来週の仕事に多大なる恩恵を与えてくれる
新たな思考パターンの確立を刺激してくれるのだ。

6.家族と充実した時間を過ごす

充電とリラックスを行いたいのなら家族と充実した時間を過ごすことが不可欠だ。

先のスペンサー氏にとっても家族との時間はとても重要なものであった。
彼はどんなに遠くに出張していても、たとえ次の週もその出張先で仕事をがあったとしても、
週末は家族の元に帰って来ていた。

平日は仕事忙殺されてしまい家族と十分に過ごす時間が取れないだろうが、
この傷口を週末にまで広げてしまうことは避けよう。

子どもを公園に連れていったり、
妻や夫とお気に入りのレストランに行ったり、たまには両親を訪ねてみよう。

そうすればきっとあなたは嬉しい気分になるはずだ。

7.小さな冒険を計画する

コンサートや観劇のチケットを買ってみたり、
新しくOPENした市街のクールなホテルに泊まってみたり、
ジムのランニングマシンで走る代わりに外にハイキングに行ってみたり、
今までやってことが無いことや
長い間やっていなかったことに週末トライしてみよう。

将来楽しいことが起こると期待しながら過ごすと今の行動が楽しくなるという研究結果がある。

週末の楽しいレジャーを計画しておくことはその週末が楽しいだけで無く、
それを控えた平日の5日間の精神的ムードを良いものに変えてくれるのだ。

8.平日と同じ時刻に起床する

週末はつい遅くまで寝ていたい誘惑に駆られてしまう。

確かにこれは一時的には気持ちいいかもしれないが、
これをやると体内時計のリズムを狂わしてしまう。

人間の体は睡眠で体を休めて一旦リセットして
元気に目覚めさせるように規則正しいサイクルで活動しようと調整する。
このサイクルには睡眠後にマインドを覚醒し機敏にしようとする調整も含まれる。

例えば、目覚まし時計が鳴る前に目が覚める時があるのは
脳と体がその時間に目覚めるように予め学習しているからだ。

週末に平日の起床時間より遅い時間に目覚めてしまうと、
1日中だるくてぼーっとした週末を過ごしてしまうことになるだけでなく、
翌週の月曜日の朝起きた時に週末に狂ってしまった起床時間を脳と体が調整できずに
週の始まりから生産性の低下を招くことにも繋がってしまう。

規則正しく目覚める為には、週末の夜でも早く眠りにつくことが重要だ。

9.週末の朝に自分時間を設定する

特に家庭を持っている人は週末に自分だけの時間を持つことは難しいに違いない。
でも、週末の朝に自分が何か情熱を感じるアクティビティが行えるように工夫しよう。
それができれば1日を良い気分にさせるだけでなくマインドを明晰にすることにも繋がる。

週末の朝に早起きする理由を設定をすることで
平日と同じ時刻に起床し体内時計を維持する手助けともなる。

脳のパフォーマンスのピークは起床後2時間から4時間だ。

従って、まず起きたら軽く体を動かし脳のパフォーマンスがピークの時に
座って何かメンタルなことに集中する時間を持つようにしよう。

10.来週に備えて準備する

週末のわずかな時間は来週の仕事のプラニングの絶好のチャンスだ。

それがたとえ30分未満のプランニングであっても翌週の生産性の向上に繋がるに違いない。

月曜日の朝にプランを持ってオフィスに行けば、その週1週間の仕事のマネジメントがし易くなるはずだ。

なぜなら、あなたはあとはプランを実行すればよいだけなのだから…

原文: How Successful People Work Less and Get More Done

そして最後にもう一つ…

無料:観るだけで稼げる映画(PR)

視聴者の方をプーケットにご招待します!

動画再生回数は7万回を超え!

映画へのコメント数は20,000件オーバー!

この衝撃の映画をあなたも目撃してください。↓

無料:観るだけで稼げる映画

見るだけで稼げる不思議な映画

ホントかどうか?…それは見てから判断してくれ。

池田秀樹さんの投稿 2016年7月11日

→今すぐ映画を視聴するにはこちら