なぜ外国に住むんですか?

と理由をよく聞かれますが、

実は自分でもよく分かっていません(笑)

でも、2つだけ言えることがあります。

1つ目は

私は心の自由をずっと
追い求め続けている人間だということ。

2つ目は

ただ単純に外国が大好きであるということ。

この2つです。

19歳の時、俳優になろうと決心して
ロサンゼルスのハリウッドに修行に行きました。

でも、途中でお金が底をついてしまい、

日本に緊急帰国して
東京池袋のキャバレーで
住み込みのボーイとして1年働き

再び渡米しました…

24歳で帰国して

その後は東京で30歳までずっと
芝居の世界にのめり込んでました。

そこから突然、起業。

両親親戚の反対など一切無視して、
ロシア人の現妻と結婚。

38歳の時にシンガポールに移住し、

今はタイのプーケットで暮らしています。

本当に好き勝手に自由に生きてます。

でも、自由には大きなリスクが伴い
そして大きな責任もついて回ります。

自由に生きるのは楽しいですが、
その分辛いことも結構多かったりします。

でも、それらすべてひっくるめても
自由はとてもエキサイティングでやめられません。

私は静岡県の田舎で生まれ育ちましたが、
家はそれほど裕福な家庭ではありませんでした。

子どもの時は6畳二間しかない
とても狭い平屋に家族4人で住んでいました。

ファミコンとか高価なゲームは
一切買ってもらえませんでした。

小学生高学年や中学生くらいになると

自分の知らない世界に
強い憧れを持つようになりました。

金曜日や日曜日の
TVのロードショーで放映される外国の映画を観ながら

あのブラウン管の中の世界には

本当の自由がある…

いつか必ずあそこに行こう…

ずっとそう思っていました。

そして高校卒業後に私はアメリカに行きました。

映画の観すぎて

気がついたら役者を目指していました。

中学生の頃から

日本の芸能人よりも
月刊ロードショーやスクリーン(映画雑誌)の
ハリウッド映画の金髪アイドルの写真に
心をときめかし、

外国で暮らす自分の未来を毎日夢見ていた私は

大人になってから

金髪のロシア人の現妻と結婚して

今は欧米人がたくさん住む東南アジアの
南国リゾート「プーケット島」で暮らしています。

振り返ってみると

私の今の人生は

子どもの頃に夢見た世界の延長線上に作られている

と改めて認識できます。

ずっと自由を求めて生きてきた…

私が外国に住んでいるのは

自分の心の声に正直に生きてきた…

その結果なのです。

me_wife

そして最後にもう一つ…

あなたの情熱でやりたいことを形にする
オンラインビジネスの教科書を無料でプレゼント!

15年以上に渡って全世界で累計1000億円以上を売上げて

その効果が証明されてきた

「プロダクトローンチフォーミュラ」の基本を解説した教科書を

日本市場向けにカスタマズして

「ローンチガイドブック」という72ページの電子書籍にまとめました。

このオンラインビジネス教科書を

期間限定で無料でプレゼントします

こちらをE-BOOKダウンロードするには 以下のリンクをクリックしてください

無料:「ローンチガイドブック」PDF72ページダウンロード