ソフトバンクの孫正義社長とニケシュ・アローラ副社長が

ソフトバンクアカデミア特別講義にて行ったSingurarity(シンギュラリティ)についての対談動画が面白かった。

ソフトバンクアカデミア特別講義の動画はコチラ

2014年の2月22日に書いた

人工知能が2045年に人間の知能を超えるSingurarity(シンギュラリティ)についての記事
の中でも私は孫社長の動画を引用したことがある。

記事:シンギュラリティ(技術的特異点)の先にある2045年の未来とは?

人生やビジネスの将来、子供の将来について

どうするか選択に迷った時、

いつも私はシンギュラリティを基準に考えることにしている。

コンピューターが人間の知能を超える時代がやって来るのに

その私の選択は果たして正しいのか?

と考えることにしている。

コンピューターが人間の知能を超えるということは

知的労働においては人間はもう機械には絶対に勝てないということだ。

もしかすると機械だって時にミスをするかもしれないが、

会社のボスは「この馬鹿機械!」と機械に怒鳴り散らしても

パワハラだとか逆恨みされることも無い。

24時間365日働かせても

残業代をよこせと言われることも無い。

あいつはサボっていないかをいちいちチェックする

勤怠管理なんて全く不要だし

社員の福利厚生だととか

お前達、ホウ・レン・ソウを徹底しろ、だとか

部長が新入社員にセクハラしてるかもとか

経理が横領してないかとか

あの部署のあいつとあいつは

人間関係がうまくいってなから別の部署に変えようとか…

もうそんな耳っちいことを考える必要は一切無くなる。

一切の無駄な時間やコストやエネルギーが発生しない経営…

なんて素晴らしい会社経営なのだろう!

企業は株主に賞賛される究極に生産的な営利活動ができるようになるだろう。

 

時々ロボット従業員のハードウェアの交換や

OSの新バージョンへの買い替えは必要になるかもしれない。

でも、人間を40年間雇うより遥かにコストはかからない。

いや、もしかすると

ロボット一台で現在のホワイトカラー100人分の労働をしてくれるかもしれない。

ロボット人件費(!?)のコストを削減をしたかったら

中古のロボット従業員はどんどん売ってしまえばよい。

リストラやブラック企業の風評に心悩ましてた時代は

まるで江戸時代の話のように

感慨深い過去の思い出話に思えてくる時代が来るかもしれない。

経営者にとってロボット従業員ほどありがたいものは無いのだ。

いや、

もしかするとそうした経営判断でさえも
ロボット経営者が勝手にやってくれるだろう。

人間以上に正確に。

だから会社という組織に携わる人間は

株主とロボットのメインテンナンス要員と

どうしても人間のスマイルが必要なシーンにだけ登場する

笑顔が素敵な時給アルバイト要員だけになるかもしれない。

ロボットが人間の知能を超える時代に
知的作業を行う中間管理職や雇われ社長は要らないのだ。

そうか!一番人間が要らなくなるのはきっとお役所仕事だ。

AIの時代に公務員はいらない。

公務員を限り無くゼロにして国家の人件予算を削減できる国は
一気に先進国の仲間入りを果たすかもしれない。

公務員中心に社会が回ってる国はきっと衰退する。

機械と同じことしかできない人間はもういらない。

望もうが望むまいが

そんな時代はやってきてしまう。

それも、もうそんなに先の未来の話では無い…

人生の選択に迷った時
私はいつもそう考えるようにしている。

子供の教育について迷った時
私はいつもそう考えるようにしている。

ブログで書く記事の内容に悩んだ時

私はいつもそう考えるようにしている。

30年前の世の中には一家に一台のパソコンは存在していなかった。

でも、今は

手の平におさまるパソコン並スペックの端末を
1人1台おろか1人2台持つ時代になった。

ソフトバンクの孫正義社長は正しい。

一家に一台のA.Iロボット…

いや、

一人一台のA.Iロボットの時代はきっとやってくる。

 

ロボットをたくさん購入できる人間は

多くの知的労働をロボットにさせたり
ロボットを他者にリースすることで

お金をどんどん儲けて
経済的にどんどん豊かになれる。

ロボットを購入できない人は

もう一生貧困から這い上がることができなくなるかもしれない…

そんなSF級の経済格差社会が

やってくるかもしれない。

だから、私はその時に困らないように備えておく。

その時が来たら

最高性能のロボットをたくさん購入できるように

今からロボット購入資金の準備を始めておくことにする。

そして最後にもう一つ…

無料:観るだけで稼げる映画(PR)

視聴者の方をプーケットにご招待します!

動画再生回数は7万回を超え!

映画へのコメント数は20,000件オーバー!

この衝撃の映画をあなたも目撃してください。↓

無料:観るだけで稼げる映画

見るだけで稼げる不思議な映画

ホントかどうか?…それは見てから判断してくれ。

池田秀樹さんの投稿 2016年7月11日

→今すぐ映画を視聴するにはこちら