なぜあなたは日本に永住するのか?

それはきっと

あなたがニッポン人だからに違いない。

もしも、あなたが外国人で、

世界のどこに住んでもよいという選択肢が与えられたとする…

その時、あなたは日本に永住する選択をするだろうか?

私もニッポン人だ。

しかし、私は日本に永住しない選択をした。

その理由は3つある。

1.ニッポンは自然災害と原発が怖い

2011年3月11日…

東京の会社オフィスにいた私は

突然、激しい揺れに襲われた。

その揺れはいつもの地震の揺れとは違かった。

机上の備品がバラバラ落下し慌てて机の下にもぐったが、
どうにも揺れが止まらない…

そのうち老朽化した築30年の雑居ビルの
古いビルの壁がボロボロと剥がれ落ちてき

身の危険を感じて、
10人の従業員達を外に緊急避難させた。
妻に電話をかけても繋がらない…
ニュースで流れる錯綜した情報…

あの日あの揺れを経験した誰もが混乱したことだろう。

私は従業員達を帰宅させ

電車もタクシーも動いていなかったので

歩いて自宅へと向かった。

マンションの10階にある自宅に戻ると

床には落下したグラスや皿の破片が飛び散っていた。

その後、TVから福島原発事故のニュースが入ってきた…

「オー!チェルノブイリ!」

とロシア人の私の妻は叫んだ。

私はすぐさま航空券を予約し、

妻と息子をロシアに避難させることにした。

地震の3日後の朝に成田空港に向かったが、

成田までの電車もバスも動いていない。

ようやく掴まえたタクシーで空港に着くと

成田の出発ロビーは外国人で溢れ返っていた。

みんな原発の話をしていた。

これから日本は一体どうなってしまうのか?

地震の発生から5ヶ月後、

私はシンガポールに移り住んでいた…

私が日本脱出を決めたのは

3/11の地震と原発事故の恐怖がきっかけだ。

あの震災があってから、

それまでは全く気にもしていなかった

首都圏直下型地震や南海トラフ大地震の可能性について

たくさんの情報を調べるようになった。

そして、日本という国が

世界的に見ていかに災害リスクが高い国であるかを理解した。

震災後ずっと停止されていた原発だったが、

再稼働が少しずつ始まっている…

私はニッポンに永住したくない。

なぜなら、自然災害と原発が怖いから。

2.ニッポンの未来に魅力を感じない

なぜだろう?

私は老人大国となりつつある保守的で成熟しきった
今の日本の未来にどうしても魅力を感じることができない。

アベノミクスでの株式市場の好況や
東京オリンピックの経済効果など
経済的に良いニュースを見聞きしても

世界を順番に回っているグローバル金融の金余りが
一時的に日本に回ってきているだけのようにしか感じ取れず、

根本的な部分で日本の未来に明るい希望が持てるような
ニュースは私の目には全く入ってこない…

この前、家族の事情で久しぶりに日本に行った時、
地方の田舎町に数週間滞在することになった。

どこに行っても同じようなローサイド店舗と
太陽光パネルが無機質に建ち並び

過疎化して若者人口が激減している地域なのに
公共道路の新設工事が次々と行われ、

平日の昼間からパチンコ屋の駐車場には車がたくさん並び
夜になると若者達がコンビニに群がり時間をもて余す…

そんな光景を見ていると

どうしようも無い閉鎖感がこみ上げ

とても暗い気持ちになってくる。

地方へ企業を誘致するような法人税の優遇特区制度や
少子化問題を解決する労働力補充の仕組み作り
パチンコ屋を全廃にする法案
義務教育の英語化とIT化…

こうした思いきった国策が出てこない限り

私が自分の二人の子供達の未来の為に
日本で子育てしようと考えることは永遠に無い。

私はニッポンに永住したくない。

なぜなら、ニッポンの未来に魅力を感じないから。

3.ニッポンはお金持ちに優しくない

日本では年間の所得が1800万円を超えると
40%の所得税を払わなくてはならない。
実際はこれにプラスで10%の住民税がかかるので

50%の税金を支払うことになる。

つまり1800万円稼いだとして
単純に900万円しか残らないということだ。

私が以前住んでいたシンガポールでは
最高でも所得税は20%で
住民税という税金は存在しない。

また、実はちょっと裏技がある。

シンガポールでは所得税を
完全にゼロにする方法も存在しているので

シンガポールの富裕層のほとんどは
この方法を使い所得税をゼロにしている。

累進課税の是非について
ここで論じるつもりは無いが、

多くの富裕層が税制面で
ニッポンという国に惹かれないのは明らかだ。

この私のブログは

お金持ちになるにはどう生きたらよいか
というテーマで記事を書いている。

私のFacebookやメルマガでも記事の配信を行っているのだが、

こうした記事を書いていると

いろいろま批判も受ける。

時には「詐欺師」とか「ペテン師」とか

「死ね」とか

犯罪的な暴言をメールやコメントで受けることもある。

お金持ちの多くは会社の経営者であり
多くの人達へ雇用の機会を創出している。

一個人の貢献度から見れば

貧乏な人よりもより社会に貢献しているはずなのに

日本ではなぜかお金持ちは批判に晒され
もっと金持ちから税金を取れというムードがあちこちで色濃い…

こうした社会風潮を見ていると

日本では

お金持ちの生き方は妬まれ、
あまり歓迎されてない印象をどうしても受けてしまう。

私はニッポンに永住したくない。

なぜなら、ニッポンはお金持ちに優しくないから。

そして最後にもう一つ…

無料:観るだけで稼げる映画(PR)

視聴者の方をプーケットにご招待します!

動画再生回数は7万回を超え!

映画へのコメント数は20,000件オーバー!

この衝撃の映画をあなたも目撃してください。↓

無料:観るだけで稼げる映画

見るだけで稼げる不思議な映画

ホントかどうか?…それは見てから判断してくれ。

池田秀樹さんの投稿 2016年7月11日

→今すぐ映画を視聴するにはこちら