私のロシア妻が言うには

彼女の学生時代の友人の半分は国際結婚して
ロシアでは無く海外に住んでいるらしい。

ロシアの輸出品目のNo.1はロシア嫁である

という冗談を誰かが言っていたのを聞いたことあるが、

東京に居た時も
シンガポールに居た時も
プーケットに来てからも

本当にたくさんのロシア人妻と外国人夫のカップルに私は出会った。

ロシア嫁の輸出No.1の話もあながちただの冗談では無いのかもしれない…

私は自分の妻がロシア人で良かったと感じることが何度もある。

その中の4つを今日はシェアしよう。

1.飛行機でエコノミーからビジネスクラスに無料アップグレードしてもらった時

私達の息子がまだ生後7ヶ月の赤ちゃんだった頃、

家族3人でロシアに行くために
モスクワまでのアエロフロート(ロシアの航空会社)の便を予約した時のことだ。

成田空港のカウンターでチェックインをした際に

予め予約していたエコノミークラス座席では簡易型のベビーベットが
設置できないということを知って妻が怒って抗議をした。

しばらくやり取りをしていると、

アエロフロートのロシア人担当者がカウンターへ電話をかけてきてくれ
ビジネスクラスならベビーベット設置可能なので
座席をビジネスクラスへ無料アップグレードしますと妻に言ってくれた。

こうして私と妻は人生初のビジネスクラスで

モスクワまでの長旅を楽しむことができた。

この時、私は妻がロシア人で良かったと感じた。

2.ロシアから子供手当がもらえると知った時

先日、妻がロシアで申請していた「母親資本」が受理された。

「母親資本」とは

子供を二人以上産んだロシアの母親に対して支給される子供手当てのことで、

金額にして45万ルーブル(約85万円)がもらえる。

これはモスクワの大都市に住むロシア人の平均年収に相当する額なので

ロシアでは大金だ。

我が家にも子供が二人いるので

妻はこの夏ロシアに帰郷した際にこの手当の申請を行った。

このお金は使える用途が限られており
住宅の購入費甩か子供の学費にしか使えないのだが、

ロシアでは住宅を購入する資金をこの子供手当から得るために

子供を二人産む家庭がすごく増えているらしい。

ロシア政治経済ジャーナルの北野さんの記事によると

20世紀の終わりに近い1999年頃、
ロシアの人口は「年間70万人」という超スピードで減少していたそうだが、
「母親資本」の導入からロシアでは二人以上子供産む家庭が増えて
これまでの十数年間で出生率は過去最高となり、
現在の人口は「自然増」に転じているそうだ。

ロシアの地方では85万円で家が買えてしまう場所もたくさんある為

この子供手当がいかにロシアの子供を増やすことに貢献しているかがよくわかる。

なんと素晴らしい少子化対策なのだろう!

妻と私も子ども達の未来の為に
ありがたくこのお金を有効活用させて頂くつもりだ。

私は妻がロシア人で良かったと感じた。

3.ロシア人の友人達に助けられた時

日本を出てからというもの
何かと妻のロシア人友人のネットワークに助けられることが多い。

海外に出てみると分かるが、

困った時に母国出身の友人というのは

すごく頼りになる。

いま私達はプーケットに住んでいるが、

ここにはとても大きなロシア人コミュニティが存在している為、

妻のロシア人の友人の皆さんには本当にいつも助けられている。

前にシンガポールで失敗してどうにもならなくなった時、

妻のロシア人友人の方々に色々とお世話になり、

プーケットで新しい人生を再スタートさせる縁を頂くことができた。

私の妻がロシア人で本当に良かったと感じている。

4.妻との記念日を毎年祝う時

妻と出会ってからあっと言う間に10年の月日が流れた。

出会った当時、起業したばかりで一文無しの貧乏だった私に

よく彼女はついてきてくれたものだととても不思議に思っている。

私達は二人の子供を授かることができた。

東京、シンガポール、プーケットと色々な場所を共に転々としてきた。

ビジネスはいつも良い時ばかりでは無く

失敗してお金がすっからかんになり

かなり私が精神的にかなり参ってしまったこともあった。

でも、

そんな時でも妻は動じず
強く私のことを支えてくれた。

さすが、厳寒のソビエトの地で生まれた女は強い。

毎年妻との記念日を祝う度に

私はこの女性と出会えて本当にラッキーだったとその1年間を思い返す。

来年の11回目の記念日も

妻の顔を見てきっと思うことだろう。

妻がロシア人で私は幸せだ。

そして最後にもう一つ…

無料:観るだけで稼げる映画(PR)

視聴者の方をプーケットにご招待します!

動画再生回数は7万回を超え!

映画へのコメント数は20,000件オーバー!

この衝撃の映画をあなたも目撃してください。↓

無料:観るだけで稼げる映画

見るだけで稼げる不思議な映画

ホントかどうか?…それは見てから判断してくれ。

池田秀樹さんの投稿 2016年7月11日

→今すぐ映画を視聴するにはこちら