プーケット島から日本に一時帰国。

進行中の劇場公開映画企画の
監督、主演俳優、制作プロデューサー
と初の4者合同打ち合わせを行なった。

私にとって初の
プロデューサー作品となるこの映画は

監督にとっては魂心の長編作品となる。

10年前のある日、
監督がまるで取りつかれたように
わずか1日で第一稿を書き上げ、

自らの手で何度も映画化しようとしては
実現できなかった幻の脚本…

その脚本が数年前にある賞を獲り
スポットライトを浴びたことから
運命の歯車は動き始めたのだ。

それから3年後の2016年の新年。

その脚本は巡り巡って
私の手元にやってきた。

「運命」…

私はこの脚本との出会いに
強い「運命」を感じた。

まるで大きな力によって
引き寄せられたかのように

私の手元に流れ着いたその物語…

その物語に描かれているのは

この上なく美しく
どうしようもないほど痛くて切ない人間のドラマだ。

そこには青白い炎で燃え上がる
「芸術」が宿っていた…

本の最後のページをめくり終えた時、
私は心に誓った。

この映画を、この芸術作品を
私の手で必ず世に出そう、と。

そうして、この作品は「起動」した。

監督
主演俳優
制作プロデューサー
そして私

朝の渋谷のカフェで
熱いコーヒー片手に
MacBookのキーボードを叩きながら

私達4人は胸に秘めた
各々の熱い想いを共有した。

「我々はカンヌ映画祭で必ず賞を獲る」

きっと誰かが笑うかもしれない。

でも、私は本気だ。

この映画は私達をカンヌに必ず連れていってくれる。

なせなら、これはそれができる脚本だから。

そして、カンヌで賞を獲る為に
我々ができることは一体何だろう?

できることすべてを私達はやり遂げる。

ゴールが見えれば
そこへと向かうロードマップは見えてくる。

すべての仕事は定めたゴールからの逆算プロセスでしかない。

「夢」とかそういう曖昧なものはいらないんだ。
「夢」とは子供と哀れな貧乏人が持つもの。

カンヌ映画祭というのは
私にとって必ず行かねばならない

「目標通過地点」なのだ。

来年の2017年の5月…
私は必ずレッドカーペットを踏んでいることだろう。

あのフランス、カンヌの地で…

そして最後にもう一つ…

無料:観るだけで稼げる映画(PR)

視聴者の方をプーケットにご招待します!

動画再生回数は7万回を超え!

映画へのコメント数は20,000件オーバー!

この衝撃の映画をあなたも目撃してください。↓

無料:観るだけで稼げる映画

見るだけで稼げる不思議な映画

ホントかどうか?…それは見てから判断してくれ。

池田秀樹さんの投稿 2016年7月11日

→今すぐ映画を視聴するにはこちら