ローンチのローンチがついに始まる。

昨日は早朝にアメリカのジェフ・ウォーカーのPLF本部と
90分に及ぶ電話ミーティング。

6月末のジェフ来日のスケジュールと
今週末から始まるプロダクトローンチフォーミュラの
オンラインプロモーションの内容報告、

更には、この夏から新しく発足する
日本初の本部直系プロダクトローンチコミュニティ
「ローンチ・クラブ・ジャパン」の運営方針について

綿密な打ち合わせを行なった。

PLF本部の一番の意向は

ローンチクラブのブランディングの向上と
高品質のサービス提供とクオリティの維持を
とにかく心がけて欲しいということだった。

当たり前なんだけど、

すべてのビジネスパーソンにとって、
ブランディングは
目先のお金以上に重要なこと。

なぜなら、ブランディングは
企業にとって長期的に収益をもたらしてくれる
とても重要な資産だから。

日本のローンチ業界は
とにかく短期的な収益にフォーカスしすぎて
長期ブランディングを構築していく意識がとても薄い。

加えて、

叩き屋と呼ばれるブロガーが
ローンチをやる人を常にウォッチしていて

新しいプロジェクトが出る度に
中身も見ずにローンチをする人を
徹底的に詐欺師扱いをする。

そして、プロダクトローンチしている人は詐欺だから
こっちの商品を買いましょうと
自分のブログでアフィリ誘導

もう完全に名誉毀損を通り越して
犯罪に近いネガティブマーケティングが
もう何年間も展開されているのが業界の現状だ。

ローンチをする人は
ローンチしたらネット上で
名前が汚れることが分かってるから

とにかく、ローンチ中に
できる限りたくさん稼いで
その後は数年間表に出なくてもやっていけるように
激しいセールスに走る…

そのしわ寄せが購入者に来て…

という負のループ状態が
ずっと繰り広げられているんだ。

プロダクトローンチの本来の目的は
素晴らしい商品やサービスを世の中のたくさんの人に届けて
人々を幸せにして、自分自身も幸せになること。

でも、悲しいことに
今の現状はローンチがただの
お金儲けの道具になってしまってる。

ジェフ・ウォーカーがいつも言う言葉に

Think of 2 Launch Ahead

(2つ先のローンチを考えろ)

という言葉がある。

これはローンチ業界に携わる業界人全員が
戒めておくべきとても重要な言葉。

事業プロジェクトや商品のローンチは
決してその場一発限りで
終わらせる目的でやってはいけない。

これは、コンテンツホルダーだけじゃなくて、

プロジェクトに関わる
プロモーター、コピーライターなど
プロジェクトのチーム全員が
心に留めておくべきこと。

すべてのローンチは
その場限りの一発金儲けじゃなくて
次のローンチ、その次のローンチを考えてやるべきなんだ。

今後もずっと継続していくことを考えたら
決して詐欺的な煽りで
商品を売ることはできないはず。

ローンチの最大のメリットは

自らのブランディングを汚すことと引き換えに
億万長者になれることではなく

長期間に渡って収益を得られる
強固なブランディング資産を作れるということ。

その為にプロダクトローンチは存在している。

と、まあ、

昨日はアメリカのPLF本部と打ち合わせをして
そんなことを考えながら改めて身を引き締めた。

私の役目はプロダクトローンチフォーミュラの
日本でのブランドを守ることでもあるのだ。

だから、今後は

プロダクトローンチの名前を汚す人は誰も許さない。

私は戦う。

プロダクトローンチを日本に広める者
ローンチクラブ・ジャパン代表として。

そして最後にもう一つ…

あなたの情熱でやりたいことを形にする
オンラインビジネスの教科書を無料でプレゼント!

15年以上に渡って全世界で累計1000億円以上を売上げて

その効果が証明されてきた

「プロダクトローンチフォーミュラ」の基本を解説した教科書を

日本市場向けにカスタマズして

「ローンチガイドブック」という72ページの電子書籍にまとめました。

このオンラインビジネス教科書を

期間限定で無料でプレゼントします

こちらをE-BOOKダウンロードするには 以下のリンクをクリックしてください

無料:「ローンチガイドブック」PDF72ページダウンロード