ライブの教科書3:フレームワーク

ビジネス

ライブをやったことがない人、ライブをやったことある人

どの場合においてでも、もしあなたがライブで情報発信していくためには

そのライブを話すための一つの「フレームワーク」

この基本フレームワークを覚えておくと非常に便利です。

このフレームワークは私が何度となく使って、いま私が実際にライブを毎週行ってる時も

このフレームワークを使っています。

私の生徒もこのライブのフレームワークを使っています。

もしあなたがライブ初心者であったとしても、このフレームワークを使っていくことで

あなたはしっかりとその見てる人達にあなたの届けるべき情報を届けることができて、そして三つの体験を提供することができるようになるんですね。

では、その3つの体験を提供するためのフレームワーク

あなたがライブでどういう順番で話をしていったらいいか、その話す順番です。

これについて説明します。

1.『エンゲージメント』

エンゲージメントというのは見ている視聴者と関係性を構築するということです。

その関係性構築をするためにまずライブでやって欲しいのは、『問いかけ』です。

「見てますか?」「どこから見てますか?」「見てたらコメントください」あるいは「いいねを押してください」

そういった形で相手にリアクションをしてもらう。

これはすごく大事なんですね。

コメントを拾ってあげて、その人に対して、「あ、こういう事言ってるんだな」って確認してあげて声をかけてあげる

こういったエンゲージメントを最初にライブには必ず入れる必要があります。

2.『フック』

フックっていうのは、なぜそのライブを今日見る必要があるのか?

このフックには”何故?”という理由が含まれます。

多くの場合、個人起業家の仕事は個人の悩みを解決することなので

その見込み客となる人、ペルソナになる人の悩みあるいは関心ごと、その人たちが知りたいこと、これを最初の冒頭でしっかりと入れていくことが大切です。

その人の貴重な時間を使ってライブを見てもらうわけですよね。

ライブを見ることによって何が得られるのか、ここにやっぱり関心があるわけですよ。

そこでフックです。

どうやったらその人たちをそこに留めることができるか

ここはとても大事なパートです。

3.『ストーリー』

これはあなたのストーリーであったりとか、クライアントのストーリーであったりとか、

ストーリーというのは、人を惹きつける力があります。

初めて会った人でもストーリーを話すことによって共感してもらうことができます。

要は機械じゃないから、人は見てる人と心の交流が欲しいわけですよね。

あなたがストーリーを語ることによってあなたという人をより知ってもらって好感度を上げることができます。

そしてストーリーが見てる人をよりあなたの話の中に引き込んでいきます。

4.『コンテンツ』

これは価値提供のパートですね。

価値提供っていうのは、良い価値提供をしなければいけません。

これは有料であればもちろんですけども、無料であったとしてもコンテンツは高い価値を提供していく必要がある

前回の話に戻りますけども、これからのオンラインビジネスは情報よりも体験を提供していくビジネスになっていくので情報はあまり出し惜しみしないことが重要です。

ここで気を付けなければいけない事が一つあるんですけども

「出し惜しみしない」ということは「全部出すこと」とは違います。

要はオーバーキャパシティ

情報を与えすぎてしまうと頭がパンクしてしまうんですね。

だからここはコントロールしないといけません。

たくさん情報を教えることはいいことだっていう風に思ってるのは、ただ情報発信する人のエゴでしか無いわけなんですね。

どこまでの情報がお腹いっぱいにならないのか?

ここを凄く考える必要があるわけです。

5.『コールトゥアクション』

良いライブは最後にコールトゥアクションが入っています。

例えばリストに登録をしてもらう、コメントを促す、何かのフィードバックしてもらう、次回の予告をする。

どんなものであれ、良いライブは必ず最後にコールトゥアクションが入ります。

コールトゥアクションというのは「行動させる」ということです。

これが基本的なライブのフレームワークですね。

このフレームワークを使ってライブをやっていけば、もしあなたがこれまでライブをやったことがなかったとしても、あなたのライブにみんなを注目させることができるようになってきます。

どんな形でライブをやったとしても、毎回このフレームワーク通りに話をしていくことが重要です。

ここはすごく大事な部分なので覚えておいてください。

そして最後にもう一つ…

あなたの情熱でやりたいことを形にする
オンラインビジネスの教科書を無料でプレゼント!

15年以上に渡って全世界で累計1000億円以上を売上げて

その効果が証明されてきた

「プロダクトローンチ」の基本を解説した教科書を

日本市場向けにカスタマズして

「ローンチガイドブック」という72ページの電子書籍にまとめました。

このオンラインビジネス教科書を

期間限定で無料でプレゼントします

こちらをE-BOOKダウンロードするには 以下のリンクをクリックしてください

無料:「ローンチガイドブック」PDF72ページダウンロード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です