ローンチ相談室1:「お金のブロック」「何から始めたらいいの?」

ビジネス

今回のテーマは「教えて!ローンチ相談室」ということでみなさんの質問にお答えするQ&Aをやっていきたいと思います。

「商品のこと」

「コンテンツ作り」

「集客」

「リスト集め」

「ライブのこと」

私のところにどんな質問が来ているのか、いろいろと見ていきたいと思います。

『質問-1』

私は自己肯定感が低いです。お金のブロックがあります。

「私なんかが私のコーチングで高いお金をいただいて良いのだろうか…」という風に思っています。

これはすごくあることですね。

「お金のメンタルブロック」があると思っている方は居ると思います。

例えば、コーチングとかコンサルティングで何十万もお金を取っていいのだろうかっていうことにすごく抵抗感を持っている方。

これは悩みの中でもすごく多いんですよね。

私のプロダクトローンチを教えている師匠のジェフ・ウォーカーの話をしましょう。

私の師匠であるジェフ・ウォーカーは、このプロダクトローンチを今から15年以上も前に作って、今も全世界の起業家の方に、オンラインビジネスを作るためのメソッドとして使われています。

世界中にオンラインのマーケティング教材やオンラインビジネスの教材がありますが、プロダクトローンチは恐らく1番たくさんの人に使われて結果が出ている、実績が証明されているメソッドです。

そのプロダクトローンチの歴史自体も15年くらい前からジェフウォーカーの手によってコンテンツが作られて今まで販売されているわけです。

これってすごいことなんですよね。

なぜかっていうと、オンラインのマーケティングの世界っていうのは、教材っていうものが目まぐるしく変わるんですよ。

昔からオンラインのコンテンツを売っている人であったとしても、いろんな商品が変わっていくんですよ。

名前が変わったりとかコンセプトが変わったりとか、同じものを売り続けている人っていうのは少ないんです。

そんな中でジェフウォーカーは15年にも渡ってプロダクトローンチというものを作ってそこでそれを進化させていったわけです。

多くの起業家がそれを使っているわけですね。

そして結果が出ている。

それは世界中の起業家に使われていて、いまスペイン語・イタリア語・ポルトガル語・日本語の4つの言語に翻訳をされて世界中に広がっています。

そのジェフウォーカーが最初に「プロダクトローンチを作った1番大きな理由」は何かっていうと、彼はセールスがとても苦手だったんですね。

お金をいただくことにすごく抵抗感があったんです。

すごく怖かったわけです。

どうやったらお金の話をして「買ってください」って切り出せるかなっていう風に彼は考えて、そこで彼が思ったのはとにかく「無料で価値提供」していく。

価値提供して、価値提供して、価値提供して・・・。

それをやっていくことによって最終的に相手が、興味があります売ってくれませんかっていうような状態を作ろうと思って、そこで始まったのが「プロダクトローンチ」という考え方でした。

だからプロダクトローンチを作った、私の師匠であるジェフウォーカーも同じように「お金のブロック」があったんです。

もし、あなたが「私なんかがお金をいただいていいのか」っていうようなブロックがあるのであれば、まさにプロダクトローンチこそがそのためのノウハウです。

あなたは「無料でまず有料級の価値提供をしていくこと」によって信頼関係を積みあげていくわけですね。

信頼関係が積みあがっていくことによって、相手はあなたに対してここであなたという人を尊敬してくれます。

あなたのことを先生だと思ってくれます。

そこであなたはお金をいただくというポジショニングを作っていくことができる。

それはやっぱり、その前に無料で価値提供をしているからです。

実際にその後はお金をいただいて価値提供をしていくわけですけど、もしかしたらこういう風な考え方があるかもしれません。

「いざお金を貰って私はサービス提供できるのか?」

こんなことを考えている人も、もしかしたらいるんじゃないかと思います。

「まだコンテンツが固まっていないのにお金をいただいて、果たしてそれでやっていけるんだろうか…」」っていう不安。

これはやっぱり持っている人が多いんですよね。

特に女性に多いです。こういった不安を持っている方。

これはもう1つ明らかなことがあるんです。

あなたはクライアントができることによって初めて「プロフェッショナル」になるんです。

お金を頂いてあなたのところにクライアントができることによって、あなたはここで初めて先生になります。

だから最初に準備をして完璧な状態で先生になるというのは、これは別に間違いじゃないです。

間違いじゃないけど、いくら勉強してもあなたはプロにはならないんです。

お金をいただくことによって、初めてプロになるんです。

お金をいただくことによって責任が出て、あなたのところにクライアントが来ることによって、そのクライアントに対して「何を提供したらいいのか」っていうことを真剣に考えるわけです。

これはクライアントが来ないと一生わからないんです。

私もそう、私の生徒たちもみんなそう。

実際に頭の中で想定しているものと違ったものをあなたのクライアントが求めている。

これは非常に頻繁におきます。

だからまず最初にオファーをしてお金をいただく。

それによって、もしかしたらクライアントがあなたが持っていない知識を必要とするかもしれない。

それに対して「わかりません」といってクライアントを突き放すのか、あるいはあなたがそこで更に勉強をしてそしてクライアントに必要なものを提供するのか。

どっちのマインドに切り替えて行動していくかによって、あなたのビジネスがこれから成長していくかどうかが決まるわけです。

だから全然経験がなくてもいいんです。

まずはあなたの無料の価値提供から始めていって、そこであなたの有料のオファーをして、それから商品を作っていく。

このやり方で大丈夫です。

なのでまずは前に進む、価値提供を発信していくっていうことが大事です。

『質問-2』

これから何をどうローンチでやっていけば良いのかわかりません。

やりたいことが複数あってどれから出していけば良いかわかりません。

まずは自分のInstagram/Facebook内でライブ動画をしたいと思っていますが何を提供していいかわかりません。

何をどういう順番でやっていいかわからないっていう質問ですね。

これはみんな起きることですね。

いまは情報が溢れすぎてしまっていて、オンライン上でいろんなノウハウがあるんです。

そこで気を付けなければいけないことがあります。

例えば、マーケティングとかビジネスのいろんなことを教えている人がたくさんいます。

それはどれもが別に間違っていないんです。

間違っていないけど「あなたは正しい順番でやっていかないと遠回りになるんです」

要はあなたの今のレベルにあったことからスタートしていかないと、いきなりレベルが高い人がやっているのと同じようなことを真似しようとしてもうまくいかないわけです。

だから、まずあなたが今からスタートするのは「シードローンチ」です。

シードローンチっていうのは、リストがない、商品がない、実績もない、何もないっていう状態な人が1番最初にやるべきことなんです。

そのシードローンチをやっていくために1番簡単なやり方というのが「ライブ」を使ったやり方です。

ライブっていうのは非常に強力だからです。

すごいパワフルなツールなので、あなたがリストが小さいリストしかもっていない、あなたのことを見てくれる人が2,3人しかいない。

そういった状態からスタートするのであればこれはライブが1番いいんです。

まずライブというものは生放送でやるから、あなたはこの「リアルタイムで見ている人と繋がる」っていうことで相手との関係性っていうのがすごく強くなります。

ライブは途中でカメラを止めることができません。

だからコンテンツを発信し続けないといけません。

喋りだしたらあなたは止めることができません。

このプレッシャーっていうのがすごくいいんです。

「これからライブをやろうと思っているんだけど、自分はできるのかな…」

「情報の発信とかできるのかな…」っていうことで、もしかしたら躊躇しているかもしれないじゃないですか。

例えば、あなたが泳ぎを学びたいとします。

水泳を学びたいとするじゃないですか。

「水の中に入ったら溺れるかもしれない。どうしよう…」と思って水の外で泳ぎの型を何度も何度も練習して泳げるようになるかといったら泳げるようにはなりません…。

やっぱり水の中で飛び込んで実際にその水の中でバタバタしながら動きを覚えないとあなたは泳ぎをうまくなることはできません。

ビジネスも全く同じ、ライブも全く同じ。

やらなければいけないプレッシャーの中に自分を置くことによって、前に進むことができるようになります。

そしてあなたの「インスピレーション」

あなたが誰かと繋がって、そして喋ることによって、あなたはインスピレーションがうまれてコンテンツができるようになります。

あなたの話を聞いている人がいるのといないのでは全然違うんですね。

恐らくライブをよくやっている人は、ライブのほうが喋りやすいっていう人が結構いると思います。

これは実際そうなんです。

私もそうです。

ただカメラに向かって喋っているだけだと言葉が出てきません。

でもライブでコメントをたくさんしてくれる人がいるとコメントを見ながら次の言葉が出てくるわけです。

あなたにとって大事なのはまずやらなければいけない環境を作っていくこと。

だからライブローンチです。

じゃあライブをどのSNSでやっていけばいいのか?

まずは「1番あなたの見込み客になるであろう人」

そういった人達と1番繋がっているメディアでやったほうがいいです。

「多くの場合はInstagramまたはFacebook」です。

もちろんYoutubeでもライブをできますけれど、Youtubeでライブをやるのはビギナーにはお勧めできません。

まずあなたがライブをやったほうがいいのはFacebookかInstagramです。

ここでライブをやっていくことによって自信がついてきます。

やればやるほど自信がついてきます。

コンテンツは何を話したらいいのかっていうことは、これはあなたの見込み客に聞くということができます。

投稿で質問を投げかけたりとかする。

アンケート投稿をしてアンケート投稿のリアクションに対して回答する形でライブをやっていく。

基本はこれなんです。

「キャッチボール」なんですね、ライブをやっていくということは。

ライブの回数をこなすにつれてだんだんあなたの見込み客が何を求めているのかっていうことがわかるようになってくるわけです。

だからとにかくまず進むことが大事です。

シンプルです。

そして最後にもう一つ…

あなたの情熱でやりたいことを形にする
オンラインビジネスの教科書を無料でプレゼント!

15年以上に渡って全世界で累計1000億円以上を売上げて

その効果が証明されてきた

「プロダクトローンチ」の基本を解説した教科書を

日本市場向けにカスタマズして

「ローンチガイドブック」という72ページの電子書籍にまとめました。

このオンラインビジネス教科書を

期間限定で無料でプレゼントします

こちらをE-BOOKダウンロードするには 以下のリンクをクリックしてください

無料:「ローンチガイドブック」PDF72ページダウンロード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です