ローンチ相談室3:「スキルがない」「良いコンテンツが作れるか…」

ビジネス

引き続き「教えて!ローンチ相談室」ということでみなさんの質問にお答えするQ&Aをやっていきたいと思います。

『質問-5』

スキルがない私でも、ビジネスはできるのか?

この場合の「スキル」というのはどういうことか分かりませんけど、コンテンツを提供するスキルなのか何のスキルなのか分からないですけど、スキルがあるかないかというのは、あなたがビジネスをスタートするうえで、あまり関係ないです。

スキルというのは、やって行く中で磨かれるものです。

まず、あなたが「これはやりたいな」と思っている何か情熱を感じるものだったり、あなたが興味があるものがあったら、それで一度シードローンチをやることが一番です。

シードローンチをやることによって、少なくともあなたは、「どうやって見込み客とコミュニケーションを取っていくのか」「どうやって価値を提供していったら良いのか」「どうやって自分の価値を伝えて行ったら良いのか」など、こういったことを学ぶことが出来ます。

それを学ぶことが出来るというのが、一番最大のあなたの財産なんです。

ビジネスのやり方、特に集客だったり、セールスのやり方というのは、学校では教えてくれないテクニック、スキルです。

こういったものというのは、しっかりと学ばないといけません。

これは、すごく不思議なんですけど、例えば大学受験とかする場合は、教科書を見て、みんなすごく勉強するじゃないですか。

試験に受かるために予備校に通って、参考書買って、ちゃんとテキストブック読んで、色々学習しますよね?

なぜそれをやるのか?

それは、勉強しないと試験に受からないからですよね?

自己流でやって、それで出来るかどうかと言ったら、なかなか出来ません。

だからみんな塾に行ったり、学校に行って教わるんです。

ビジネスも同じです。

ビジネスも同じなんですけど、なぜか、ことビジネスに関しては、自己流で出来ると勘違いしてやってしまう人が多いんですけど、これは大きな間違いです。

ビジネスこそ、ちゃんとしっかり学ばないと上手くいきません。

しっかりと、まず学習することは、すごく大事なことです。

「何がうまく行くのか」「実際に結果が出ている方法」「実績がある方法」これを勉強しないといけません。

「実績がこれまでに、どれくらい出ているのか」というのは、すごく大事なポイントです。

「誰かがやっている「「ソーシャルメディアでやっている」「ブログでやっている」というのを見よう見まねでやって、お金が稼げるほどビジネスは甘くないです。

しっかりとまずは、学習するということが、すごく大事です。

もしかしたら「時間がない」という人がいるかもしれないけど、時間なんて言うのは作ればいくらでもあるんです。

1日1時間だって、作ることは出来ます。

その作った時間で、1日1時間×30日間やったら、30時間勉強することが出来るんです。

それをやって行かないと、結果を出すことはやっぱり難しいです。

「時間がない」「〇〇がない」と言いますけど、これはいつも言っていますが、言い訳なんです。ほとんどが。

「時間がない」なんて言うのは、私だって時間がないし、誰でもみんな時間がないんです。

時間が無かったら、どうやって時間を作るのか。作り方を考えてやって行くことが大事です。

だから、まずは実績があって、その方法でうまく行くということが証明されているやり方を、忠実に基本に従ってやることが大事です。

ちゃんと、基本に従ってやって行くということを覚えておかないと、まぐれで売上が上がってしまったら、後で大きな失敗をすることになります。

まぐれで売上が上がる場合もあります。

でも、その人は基本に忠実にやらなくて、まぐれで売り上げが上がってしまったから、まぐれで売れたやり方で、2回目も3回目もやってしまいます。

そこから、全然売れないループにはまってしまって、「どうして良いのか分からない」という状態になってしまいます。

あるいは、基礎を学ぶことを途中で止めてしまう人。

これも、ダメです。

「私は基礎は分かった」「基本は分かった」と言ってる人は一番わかってないです。

基礎というのは、分からないんです。

基礎は簡単には理解できないんです。

ずっと何年もやり続けることによって初めて、基礎は何度も学ぶことが大事だということを理解出来るんです。

だから、本当のプロフェッショナルの人は、基本を絶対に忘れないです。

全部そうです。

マーケティングもビジネスも同じです。

プロダクトローンチも同じです。

「私、プロダクトローンチのこと分かってる」って言ってる人が、一番分かってないです。

では、私(池田秀樹)はどうか?分かっているか?

私は、少なくとも日本では一番分かっていると思います。

でも、それでも私は、毎回毎回ジェフ・ウォーカーの講義を勉強して、私の師匠の話を聞いて、「あぁ、これはこういう事だったんだな。」と毎回毎回、基礎を自分の中に落とし込んでいます。

そうなんです。だから、基礎なんです。

基礎の学びに終わりはありません。

だからずっと、それを学び続けて行って、実践の中でもう一度基礎にかえっていくというのは、大事なことです。

だからあなたは、最初に基礎を学ぶという所からスタートしなければいけません。

これは、間違いないです。

『質問-6』

3年前にコーチング用の講座を作り、100万円売り上げたけど、クライアントが依存的でセッションが最後まで果たせませんでした。コンテンツが未熟で相手の成長を促す設定が出来てなかったと感じています。これから良いコンテンツが作れるかどうか不安です。

ありますね。こういうお悩み。

過去にお客さんからお金をいただいて提供したけど、満足してもらえなかった。

次にコンテンツをやるのが、すごく不安になっている。

これは、すごくあります。

それがトラウマになってしまっている人もいます。

それで、2回目からは高単価なお金がチャージ出来なくて、低額商品ばっかり売ってしまうという人もいます。そういう人も見てきました。

これは、大変なことなんです。

大変というのは、みんなその壁にぶつかるからです。

私もそういう経験があります…。

私も、過去にサービス提供をして、納得がいくサービスが提供出来なくて、お客様にすごく嫌な気持ちをさせてしまった経験が私にもあります。

みんなあるんです。

これは、やって行くことによって改善していきます。

商品を提供するときに、1点気を付けなければいけないことがあって、英語で

「Over Deliver」って言うんですけど、「提供し過ぎ」これも、気を付けなければいけないことです。

もちろん商品というのは、トランスフォーメーションを提供することだから、提供をすることはすごく大事です。

ただ、あなたがオファーの時に多くの約束をし過ぎてしまうと、後々サービス提供をするのが辛くなる場合があります。

だから一番最初は、自分の身の丈に合ったレベルで、オファーをしないといけません。

あなたが経験値が上がっていって、より多くのものを提供出来るようになっていったら、その時にあなたのオファーで約束出来るもののレベルも上がってきます。

いきなり高いところのレベルにジャンプしようとすると、お客様の求めているものとあなたが提供するものに、ギャップが出来てしまいます。

ここは、気を付けないといけないところです。

1回、そういうことがあると学習します。

そこで学習して「多分この期待値をお客様に提供してしまうと、良くないな」ということが分かってきます。

もう1個考え方があって「あなたの理想のお客様は誰なのか?」ということをしっかりと明確にすることが大事です。

ビジネスを始めたばっかりの人や、ビジネスを結構やってる人でも誤解してることがあるのですが、あなたにお金を払ってくれる人が必ずしも、あなたにとって良いお客様なのかどうかというのは別な話です。

確かにお金をいただくことは良いことです。

嬉しいことですけど、そのお客様とあなたは、3ヶ月、半年間一緒に時間を過ごしていくことが出来ますか?

もしあなたが「このお客様、どうしても好きになれないな」と思うようなお客様があなたのところに来てしまった場合は、あなたは間違った人に商品をオファーしている可能性があります。

すごく大事なことです。

もし、あなたが長期的にビジネスをやって行こうと思うのであれば、「あなたにとって一番好きなお客様は誰なのか」ということを明確にしないといけません。

これは本当です。

これを早い段階から、あなたが意識してやっていくことによって、あなたのビジネスは長期的で素晴らしいビジネスになっていきます。

とにかく、お金が欲しいから、誰でも彼でも売ろうという考えでビジネスをやると、うまく行きません。

結局人間だから、自分が嫌いな相手には誠心誠意サービス提供をすることが出来ません。

もし、あなたが「この人すっごく大好き。ずっとお話出来るし、サービス提供以上のことが出来ちゃうな。」というような人が、あなたのところに沢山来れば、あなたはビジネスをどんどん成長させていくことが出来ます。

だから「あなたの理想のお客様は誰なのか」ということを明確にすることが大事です。

その理想のお客様に、あなたのお客様になってもらうには、その人のことを徹底的に考えないといけません。

これが、見込み客について考えるということです。

あなたの身近に「この人に私のお客様になって欲しい」と思える人はいるでしょうか?

想像してみてください。

もし、その人がいたら、その人のことをリサーチすることが大事です。

その人は何を提供すれば、あなたの商品を買ってくれるでしょうか?

どういう接し方をすれば、その人はあなたのところに来てくれるでしょうか?

それを考えていくことによって、あなたの「メッセージ」あなたの「コピー」は優れたものになっていくはずです。

そして最後にもう一つ…

あなたの情熱でやりたいことを形にする
オンラインビジネスの教科書を無料でプレゼント!

15年以上に渡って全世界で累計1000億円以上を売上げて

その効果が証明されてきた

「プロダクトローンチ」の基本を解説した教科書を

日本市場向けにカスタマズして

「ローンチガイドブック」という72ページの電子書籍にまとめました。

このオンラインビジネス教科書を

期間限定で無料でプレゼントします

こちらをE-BOOKダウンロードするには 以下のリンクをクリックしてください

無料:「ローンチガイドブック」PDF72ページダウンロード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です