月額オンラインサロンは?始める前に考えること

ビジネス

今、この記事を読んでいる人の中でも、会員制のオンラインサロンをやってみたいっていう風に思っている方もいると思います。

月額のオンラインサロンっていうのは1つのビジネスモデルとしていいモデルだと思います。

私自身もかつて月額のサービスっていうのを何度もやっていたことがあります。

月額サービスの利点は毎月お金が自動的にチャージされていくので、人数が増えていって積みあがっていくと安定的な収入が入るんですね。

これって素晴らしいビジネスモデルなんですよ。

あとはユーザーサイドから考えたときに、月額オンラインサロンは月々2000円~3000円程度の少額のお金のチャージで済むので金銭的な負担が少なく、入りやすいっていうのがありますよね。

だから多くの人はこう考えるんです。

10万や20万といった講座、高額商品を作るよりも低単価な月額オンラインサロンといったものを最初に始めていって、そこで人を増やして月々の収入を増やしたほうがいいんじゃないか。

あるいは月額サービスの会員をたくさん増やしていって、会員さんをある程度自分の中で囲っておいて、そこから商品を後からオファーしていくっていう風にしたほうがいいんじゃないかって思っている人。

結構いると思うんですよ。

これは正解は実は無くて、大事なのは「あなたが最終的にどこを目指しているか?」というところです。

例えば、アートやファッションといった趣味の世界で動いている人もいます。

イギリスの事例なのですがコルセットのデザインのオンラインサロンっていうのを作っている方がいて、そこからもう少し発展させてイギリスの伝統的な衣装やドレスを学ぶオンラインサロンを作ってローンチをしたんですね。

そしたらものすごく売れて5000万近い売り上げが上がった大きなローンチになったという事例もあります。

だからオンラインサロンっていうのは趣味のニッチといったところには非常にマッチング度が高いんですね。

もちろんビジネス市場、何かの投資を教えたりビジネスのスキルを教えたりといった市場であったとしても月額サービスというモデルは使うことができます。

1つ考えなければいけないことがあります。

オンラインサロンはいいんだけど、あなたがどういうビジネスをやっていくにしても大事なのはあなたの「リスト」と「オーディエンス」を作っていくことなんですね。

リストっていうのはあなたの発信している情報に興味がある人の「メールアドレスリスト」

オーディエンスといったら、あなたの発信をいつも見て興味を持ってくれている「FacebookだったりInstagramのフォロワー」あるいは「Youtubeのチャンネル登録者」

まず最初に考えるべきなのは、オンラインサロンだったり講座だったりといった商品についてはもちろんお金を生み出すものなので大事なんですが「どうやってあなたのリストとオーディエンスを増やしていくか?」っていうことについて考えることがすごく重要なんですよ。

例えば、あなたの発信している情報が大好きで熱狂的なファンのリストが1万~3万リストがあったとします。

この人たちにメールを送ったら30%~50%くらいメールを開封してくれているっていう非常に関係性の出来上がった濃い・熱いリストを持っていたら。

あるいはあなたのSNSでライブをやったり、記事を投稿するとたくさんいいねを押してくれたりライブをやったら毎回視聴者がたくさん見てくれるっていうようなオーディエンス、Youtubeのチャンネルといったものを持っていたら。

ぶっちゃけ言ったら「どんなものでも売れるんです」

大事なのは「どうやってリストだったりオーディエンスを作っていくのか?」っていうことなんですよね。

このリストやオーディエンスを作っていくには色々なアプローチがあるんです、集客をしていかないといけないんですね。

集客をするためには今の時代、あなたの発信している特殊な情報に興味がある人をたくさん見つけたいと思ったら広告をかけないといけないんです。

広告をかけていって、広告からFacebookやInstagramやYoutube等から人を集めてあなたのリストに持っていく。

これがやっぱり1番短期間であなたの影響力を高めていける方法なんですよ。

広告をかけるということはお金がかかりますよね。

お金がかかるっていうことは、かかったお金・コストを十分Payするだけの売り上げ、それだけじゃなくてかかったコストをPayしてプラス利益をもたらす。

そういった商品を持っていることが大事なんですね。

例えば、10万円分の広告をかけたとします。

10万円なんて大金だと思うかもしれません。最初はみんなそうです。

広告は慣れていけばどんどん金額に対して慣れていくんです。

最初は1万円でも怖いんです。

でも10万円を使って広告をかけてリストを作ってローンチをやったら100万円売りあがったとしたら差分は90万円ですよね。

10万円は広告で無くなったかもしれないけど90万円は利益として残るんですね。

そういったものが見えるようになると、広告を出すとちゃんと収益が入って来るんだっていうことが理解できるようになります。

そうすると10万円が怖くなくなるんですね。

そこから20万円、50万円、100万円・・・と、どんどん広告の金額を増やしていくことができるんですね。

これは言うなれば車の運転と同じで、最初に運転するときはスピードが怖くて時速50kmでも速く感じて、場所によってはもっと速度を出すことがありますよね。

でも段々スピードにも慣れてきます。

慣れてくると時速100kmのスピードを出しても怖くなくなるんです。

そういった形で広告でお金を出すことも慣れてくれば怖くなくなるんですね。

あなたはスケールアップするためには10万円で最初に広告を出して、100リスト集まったとします。

この100リストに対して20万円の商品を売ったとしますね。

そして100リストのうち5人が買ってくれたとします。

そうすると10万円で100万円の売り上げということで広告の費用対効果が高いですね。

こういう結果が出たら素晴らしいんです。

これだったら10万円広告をかけても余裕でPayできるのでリストをもっと増やすために次回は広告費を増やしていくと、どんどん人が増えていくんですね。

だから広告に対して十分に回収できるくらい売り上げを上げるっていうのはすごく大事なんですよ。

これに対してオンラインサロンを売ったとします。

オンラインサロンが月額3000円だとします。

100人に対して20万円の商品だったら5人買いましたが、オンラインサロンであれば3000円で安いからきっと半分くらいの人が買うかもしれないと思うかもしれません。

ですが実際はそんなこともないんです。

実際はこの100リストに対して買う人っていうのは大体30人程度かもしれません。

そうすると月の売り上げは9万円ですね。

月9万円の利益であれば1月目で広告費用はほとんどPay出来て、2月目から利益になるっていう風に思いますよね。

確かにその考えは間違っていないんですね。

頑張って100リストから30人買ってくれたとしたら全員継続した場合は11か月後にはほとんど変わらない利益になります。

更に2年目3年目までまだ継続してくれていれば課金は続くので長い目で見ると利益は積みあがっていくんです。

ビジネスは長期的視野で見ることが大事だから、これは決して間違いじゃないです。

でも起業家は特に考えないといけないのが「キャッシュフロー」です。

あなたがビジネスを運転していくうえで十分なキャッシュがないとビジネスは経済活動というものを続けていくことができないんですね。

ビジネスをやっていくっていうことは何かしらのコストがかかったりするんです。

情報を売るビジネスはリアルの物を売ったりするビジネスと比べて仕入れにお金がかからないかもしれないけど、それでもコストはかかるんですね。

単純に生きていたら家賃も払わないといけないし食費もかかるし、家族が居たら家族も養わないといけないんです。

お金がかかるんですね。

ということは、ちゃんとキャッシュフローが十分にないといけないんです。

あなたが月々生活するのに十分なお金がいくらなのかっていうのを考える必要がありますね。

そしてあなたのビジネスのコストを十分に賄うためにいくら売り上げないといけないかも考えないといけないんです。

そうやって考えたときに、月額のオンラインサロンを最初にたくさん売っていくということをやっていくことが果たしてあなたにとって十分なキャッシュフローを確保できるかどうかっていうことを考えなければいけないんです。

月額サロンは例えば100人だったら毎月30万になるんです。

月額で30万円入ってくると考えると素晴らしいですね、良いかもしれないと思うかもしれません。

でも100人売るためにはどれぐらいの人を集めることが出来るのかっていうことを考える必要があります。

100人のオンラインサロン購入者を作るためにリストはいくつ集めればいいのかっていうのを計算しないといけないんです。

そうなってくるとそのリストをあなたはいま集めることができるのか?

そこもしっかり考えないといけない。

もし十分じゃなければ広告を出さなければいけないんです。

広告を出すということはそこでお金がかかるんですね。

あなたに十分なキャッシュが手元にあるのであれば未来のことを見越して先行投資としてお金を掛けることができるかもしれません。

それは理想だけど多くの起業家の現実は違うんです。

将来のことを見越して先行投資をできる十分なキャッシュがいつもあるわけではないです。

そういった状況であなたのビジネスをスケールアップしていくためにはどうしたらいいのか?

それを考えたときに最初に月額3000円のオファーをしていって、ビジネスを作っていくっていうことがあなたにとって良いやり方なのかどうかを考えなければいけません。

「間違いではない」のですが十分なキャッシュフローが無ければこのモデルは大きく成長するのにすごく時間がかかるんです。

でも、もしあなたが100リストで100万円売りあがるビジネスモデルを作ることができれば、あなたはこの次の月にまた広告に投資して売り上げを増やすことができるかもしれません。

そうやってやっていくと半年後、1年後を見たときにあなたのビジネスの成長、言い換えるとあなたの銀行の口座に入っているキャッシュ。

それがどれくらいになっているかということを考えるんですね。

もしあなたに十分なキャッシュがあれば広告にお金を投資してもっと多くのリストを増やすことができるんです。

リストをたくさん増やすことができればあなたは何でも売れるんです。

あなたがやりたいタイミングでオンラインサロンを始めることができるんです。

そして最後にもう一つ…

あなたの情熱でやりたいことを形にする
オンラインビジネスの教科書を無料でプレゼント!

15年以上に渡って全世界で累計1000億円以上を売上げて

その効果が証明されてきた

「プロダクトローンチ」の基本を解説した教科書を

日本市場向けにカスタマズして

「ローンチガイドブック」という72ページの電子書籍にまとめました。

このオンラインビジネス教科書を

期間限定で無料でプレゼントします

こちらをE-BOOKダウンロードするには 以下のリンクをクリックしてください

無料:「ローンチガイドブック」PDF72ページダウンロード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です