正しいアフィリエイト戦略

アフィリエイト マーケティング

これから私がやっていくアフィリエイト「ローンチワークショップ」がどういう形になっていくのか?どういうスケジュールで進めていったのか?ということについてちょっとお話します。

1ヶ月のカレンダーで考えた時、初週の月・水・金の3つの日がPLC1・2・3になっています。

2週目の月がオープンカード、セールスのスタート日ですね。

オープンカートが始まって、その時私としては初めての7日間のオープンカートでした。

実際は3週目の朝8時までオープンカートをしました。

7日間やる理由は、アフィリエイトを使ったオープンカートをやったので長めにとったほうがアフィリエイターが最後に紹介しやすいっていうのもあるし、ブラジルでエリコロカがオープンカートの期間で1000万円相当の売上を上げるっていうコンセプトでやったときも7日間でした。

私はどちらかというと5日間のオープンカートが好きだったんですけど、その時7日間のオープンカートに初めてチャレンジしました。

PLC1・2・3ってあって、アフィリエイトのスタートがこの前土曜日です。

なので前の月の土曜日に当たりますね。

そこからアフィリエイトが一斉にスタートしました。

アフィリエイトに参加する場合はこのタイミングで、早い段階から紹介していたほうが良いですね。

何故ならもしかしたらあなたと他の人のリストのアドレスが被っている可能性があるんですね。

そうしたら最初に紹介した人のリンクをクリックした人から売れたアフィリエイトクッキーっていうのが残るんです。

だから早めに紹介して、早めにその人が私のLPをクリックしたほうがあなたに報酬が払いだされる確率が高くなるんです。

これはアフィリエイトの仕組み上そうなっているんですね。

PLC1・2・3はインターナルローンチです。

このインターナルローンチと並行して7daysローンチチャレンジも同時に行っていきました。

7daysローンチチャレンジは基本的にはまずLPに登録をしたら、LPから登録ありがとうございましたっていうページ移動します。

登録ありがとうございましたっていうページに言ったらメールを見てくださいっていう風に記載されているんですね。

メールを開くと更にもう1個サンキューページがあって、動画があって、ボタンがあります。

ボタンをクリックするとFacebookグループに行って、ここで7日間のチャレンジローンチが行われます。

チャレンジローンチっていうのは何度も私のローンチを見ている人はかなり熱いっていうのが分かっていると思うんですが、チャレンジローンチを入れることによってあなたが紹介したメールのリストがチャレンジに参加するとより商品を購入してくれる確率が高まっていくんですね。

そして、より商品が高い成約率で売れる。

だから出来る限りチャレンジローンチに参加してもらったほうが良いです。

PLCをやりながら同時並行でチャレンジを行っていきます。

チャレンジの期間は毎日チャレンジの間にFacebookライブをやりました。

オープンカートの前日にチャレンジに参加している人だけのプレオープンをします。

チャレンジに参加している人だけ予定日の1日前にオープンカートをします。

参加していない人は予定通りオープンカートが行われるので、紹介された人に対して一斉にメールが飛んでお申込み頂ける形です。

予定の時間が決まったらアフィリエイトをしてくれるあなたに告知します。

どのイベントが何時にあるかというのもちゃんと告知します。

あなたも予定の時間のタイミングでメールを送ったほうが良いです。

あなたのクッキーで登録している人がオープンカートで売れればあなたの報酬になります。

もう1回、ワンプッシュで送ったほうがより商品を買う確率が高まるんです。

だからそこで送った方が良いです。

もしそのタイミングで遅れなくてもオープンカート中であればどのタイミングでも送ることが出来ます。

そして最終的に商品が成約するといった形なんですね。

そして最後にもう一つ…

あなたの情熱でやりたいことを形にする
オンラインビジネスの教科書を無料でプレゼント!

15年以上に渡って全世界で累計1000億円以上を売上げて

その効果が証明されてきた

「プロダクトローンチ」の基本を解説した教科書を

日本市場向けにカスタマズして

「ローンチガイドブック」という72ページの電子書籍にまとめました。

このオンラインビジネス教科書を

期間限定で無料でプレゼントします

こちらをE-BOOKダウンロードするには 以下のリンクをクリックしてください

無料:「ローンチガイドブック」PDF72ページダウンロード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です